「GitHub Container Registry」パブリックベータとしてサービス開始。無料でコンテナのパブリックイメージ公開可能

2020年9月3日

GitHubは、Dockerイメージの共有や公開ができるリポジトリサービス「GitHub Container Registry」をパブリックベータとして開始したことを発表しました

GitHub Container Registryは、GitHubでソフトウェアパッケージを扱う機能である「GitHub Package」の追加機能と位置付けられています。

GitHubでコードのパブリックリポジトリが無料で利用でき、アノニマスでもアクセス可能なのと同様に、GitHub Container RegistryもパブリックにDockerイメージを公開するのであれば無料で利用でき、アノニマスでのアクセスも可能と説明されています。

Dockerコンテナの代表的なリポジトリの1つであるDocker Hubは、無料プランでは6カ月間使われないと自動的にイメージが削除されることが先日発表されたばかりですが、現時点でGitHub Container Registryでは無料範囲での利用において何らかの制限があるとの説明は今のところ見当たりません。

組織内でDockerイメージを共有するプライベートなレジストリとして使う場合、ソースコードのパーミッションとは切り離して、適切な粒度でのパーミッション設定が可能。

ベータ版のあいだはプライベートなレジストリとしての利用も無料で、正式版となったときには、GitHub Packagesと同じ料金体系が適用される予定です。

ちなみに現在のGitHub Packagesの料金は、無料の「GitHub Free」では500MBストレージ、1カ月あたりのデータ転送料は1GBまで。「GitHub Pro」「GitHub Team」は2GBストレージ、1カ月あたり10GBのデータ転送量まで、など。

DockerはGitHub Container Registryサポートを表明

GitHub Container Registryの登場で競合の立場になるDocker Hubを運営するDocker社は、しかしGitHubと協力し、Docker EngineやDocker DesktopでGitHub Container Registryをサポートすることを表明。

デベロッパーのためによりよい開発ワークフローを実現していくとしています。

追記:2021年6月、正式サービスとなりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ Docker / コンテナ型仮想化 / GitHub



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本