マイクロソフト、Chromiumベースの「Microsoft Edge WebView2」.NET正式対応版リリース。バージョンを固定できる「Fixed Version distribution mode」も

2020年12月1日

マイクロソフトは、ネイティブアプリケーションに埋め込めるコンポーネント「Microsoft Edge WebView2」(以下、WebView2)の.NET正式対応版がリリースされました。.NET Core、.NET Framework、WinForms、WPFアプリケーションに対応しています。

10月にはWin32 C/C++対応版が先行して登場しており、.NET対応版の登場が待たれていました。

WebView2は、ChromiumベースのMicrosoft EdgeのHTML/CSS/JavaScriptの表示機能や実行機能などをコンポーネント化し、ネイティブアプリケーションへ埋め込み可能にしたもの。

最近のアプリケーションでは、すべての機能をネイティブアプリケーションとして構築するのではなく、HTMLやCSSによる表示機能やJavaScriptを用いた実行などを適切に利用して構築する、いわゆるハイブリッド構成のアプリケーションが数多くあります。

ハイブリッド構成のアプリケーションには、そのためのWebViewコンポーネントが欠かせません。今回発表されたWebView2は、そうしたコンポーネントとして提供されるものです。

エバーグリーンモードと固定バージョンモード

WebブラウザとしてのMicrosoft EdgeやそのベースとなっているChromiumが、Webの進化やセキュリティ対応に伴って継続的にバージョンアップを繰り返しているのに合わせて、WebView2もデフォルトではアプリケーションに組み込まれたコンポーネントのままアップデートの対象となる「Evergreen mode」となります。

一方で、開発時に利用したWebView2のバージョンに依存することを前提にしたアプリケーションでは、WebView2のバージョンを固定してアプリケーションに同梱配布できる「Fixed Version distribution mode」を用いることもできます。

Microsoft Edge開発チームは今後もおおむね6週間ごとにWebView2 SDKを改善していくとしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本