.NET Frameworkから.NET Coreへの移植を支援する「Porting Assistant for .NET」を、AWSがオープンソースとして公開

2020年10月23日

Amazon Web Services(AWS)は、.NET Frameworkで開発したアプリケーションのソースコードを.NET Coreへ移植する際に支援してくれるツール「Porting Assistant for .NET」をオープンソースとして公開したと発表しました。

.NET Frameworkを用いて開発されたアプリケーションは基本的にWindowsでしか実行できません。これを.NET Coreフレームワークに移植することで、Linuxでも実行可能なアプリケーションとなります。

こうした移植作業は基本的にプログラマが手作業で行うものですが、Porting Assistant for .NETはこの移植作業を支援してくれるツールです。

Porting Assistant for .NETがどのように移植を支援してくれるのかについては、今年7月にこのツールが発表されたときに公開されたブログ「Porting Assistant for .NET を発表」から説明を引用しましょう。

Porting Assistant for .NET は、アプリケーションのソースコードとパブリック API と NuGet パッケージの依存関係の完全なツリーの両方を評価して、.NET Core と互換性のないものを特定し、互換性のあるものが代わりに利用できる場合にはデベロッパーにその旨を提示します。API とパッケージ置換の提案エンジンは、不足しているパッケージと API の使用パターンと頻度についてアシスタントが学習するにつれて、経時的に改善するように設計されています。

マイクロソフトは現在、.NET Coreに.NET Framworkなどを統合した新しいフレームワーク「.NET 5」を開発中で、来月には.NET 5の正式版が登場する予定です。

.NET Frameworkのサポートは続くものの開発は終了し、今後のフレームワークの進化は後継の.NET 5とそれ以後のバージョンに委ねられます。

つまり.NET Frameworkを用いた既存のアプリケーションを将来作り直すときには、.NET 5ベースで作り直すことになるはずです。いずれそのときには、このPorting Assistant for .NETが役に立つときがくるかもしれません

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ .NET / AWS / プログラミング言語 / Microsoft



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本