Amazon Redshiftが単一クラスタあたり最大10万テーブルまで対応へ。これまでの2万テーブルから拡大

2020年9月14日

Amazon Web Services(AWS)は、データウェアハウス向けサービスとして提供しているAmazon Redshiftで、単一クラスタあたり最大10万テーブルまで対応を拡張したことを発表しました。対応するノードタイプは、DC2.8XL、DS2.8XL、RA3.4XL、RA3.16XL。

Amazon Redshiftはいわゆるデータウェアハウスと呼ばれる、ペタバイト級の大規模データに対して集計や分析といった処理を高速に行うためのデータベースサービスです。

これまでもAmazon Redshiftは最大で1クラスタあたり最大2万テーブルを収容可能でした。しかしこれ以上のテーブル数を処理しようとすると、複数のクラスタにテーブルを分散させるか、Amazon S3にテーブルを待避させるといった工夫が必要でした。

この2万テーブルの上限は、ユーザー定義の一時テーブルと、クエリ処理またはシステムメンテナンス中にAmazon Redshiftによって作成される一時テーブルも含まれています。

今回、この上限が最大10万テーブルにまで拡張されたことで、これまで上限に達していたテーブル数のデータでも、テーブルの分散やAmazon S3への待避といった処理が不要になりました。

この拡張は前述の対応ノードで自動的に有効になり、データの取り込みやアプリケーションの変更などは不要とのことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本