Amazon Linux 2でカーネルのライブパッチ適用が可能に。プレビュー機能として提供開始

2020年5月7日

Amazon Web Services(AWS)は、同社が提供しているAmazon Linux 2で、OSを再起動することなくカーネルへのパッチを適用可能にする「Kernel Live Patching」機能をプレビュー版として公開したことを明らかにしました

Kernel Live Patchingを利用することで、OSのダウンタイムなしにつねにLinuxカーネルを最新の状態に保つことができます。

Kernel Live Patchingはx86の64ビットアーキテクチャ向けに提供され、Amazon Linux 2のカーネルバージョン 4.14.165-131.185もしくはそれ以降のバージョンに対応します。

利用するにはyumプラグインをインストールし、Kernel Live Patchingを有効化します。パッチは単体のRPMパッケージとして提供され、yum updateによりKernel Live Patchingを適用できます。

Kernel Live Patchingを利用するにあたり追加料金は不要。

一般にLinux OSのカーネルに対するセキュリティパッチやバグフィクス用パッチファイルの適用は、適用後にOSを再起動する必要がありますが、Red HatのkpatchやSUSEのkGraft、オラクルのKspliceなど、主要なLinuxディストリビューションにはライブパッチ機能も提供されています。

こうした主要ディストリビューションのライブパッチ機能と似たような機能をAmazon Linux 2が取り入れることになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本