WebIDE「Eclipse Che 7」正式リリース。VSCodeの拡張機能に対応、開発環境asコードの実現、Kubernetesへのデプロイ対応など

2019年9月26日

Eclipse Foundationは、Webブラウザ上で利用する統合開発環境の最新版「Eclipse Che 7」の正式リリースを発表しました

fig

Che 7では新しいテキストエディタとして「Eclipse Theia」が採用されました。

Eclipse TheiaはLanguage Server Protocolを利用したコード補完機能やDebug Adapterによるエディタ上でのデバッグ機能、ターミナル機能など、Visual Studio Codeのような体験をWebブラウザ上で提供できると説明されています。

テキストエディタ機能は入れ替え可能になっており、Eclipse Theiaの代わりにJupyterやEclipse Dirigibleのような他のテキストエディタを利用することも可能。

さらにChe 7本体はプラグインによって機能拡張が可能となっており、この拡張APIとVisual Studio Codeの拡張機能APIとの互換を実現。すでに公開されているVisual Studio Codeの拡張機能がChe 7でも使えるようになりました。

fig

Che 7自身がKubernetes対応になり、AWSやAzure、Google Cloud、OpenShiftなどオンプレミスを含むさまざまなKubernetes環境へデプロイ可能。

開発環境やプロジェクトの設定などはDevfileによって構成されます。Devfileはコピーして別のプロジェクトで同一構成を再現したり、変更を加えたり、バージョン管理などが可能となるため、Developer Environment as Code(開発環境asコード)が実現されます。

fig

Cheは、2017年にRed Hatが買収したCodeEnvyの製品版のコードがすべてオープンソース化され投入されたことによりエンタープライズ面での機能も充実してきました。

オープンソースのKeycloakを通じてシングルサインオン、OAuth、Active Directory、LDAPなどに対応。PrometheusやGrafanaを通じてCPUやメモリの使用状況、実行中のワークスペースやユーザー数などの管理にも対応しました。

参考

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本