カメラとラズパイと通信モジュール、電源などを一体化したIoTカメラ「S+ Camera Basic」を発表、ソラコム

2019年7月2日

ソラコムはカメラとRaspberry Pi、通信モジュール、SIMカード、電源などを一体化したIoTカメラ「SORACOM Plus Camera Basic」(以下S+ Camera:読みは「サープラスカメラ」)を発表しました。

S+ Cameraには、あらかじめIoTカメラとして作動させるための機能がすべて含まれておりいるため、付属のマウントで必要な場所に据え付けて電源を入れればすぐに使用準備が整います。

カメラのアルゴリズムは、ソラコムの管理サービスとして新たに発表された「SORACOM Mosaic」からリモートで導入や更新が可能。7月2日時点では、定期的にカメラで撮影した画像をクラウドへアップロードする「定期画像アップロード」が、ソラコムから「リファレンスアルゴリズム」として提供されます。

このアルゴリズムはユーザー自身が開発することもでき、また今後サードパーティからも、例えば画像内の人数カウントによる混雑度の判定や、性別や年齢などの判別による客層診断などさまざまなものが提供される予定。ユーザーは、それらからアルゴリズムを選んで利用できるようになることが期待されます。

管理サービスである「SORACOM Mosaic」は、S+ Cameraをリファレンスデバイスとしたエッジ処理デバイスを総合的に管理するサービス。エッジデバイスの設定や管理、アルゴリズムの導入や更新、ファームウェアのアップデートなどが行えます。

ソラコムは7月2日より「S​+ Camera Basic」5台、3カ月のサービス利用費用(SORACOM各種サービス利用費用)、S​+ Camera活用へ向けた1dayトレーニング(オンサイト x 1日)、S+​ Camera スタートコンサル ティング(8時間相当)を含む、「S+ ​Cameraトライアルパッケージ」を98万円(税別)で提供することもあわせて発表しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本