Google Docs/Sheets/Slidesで、Word/Excel/PowerPointファイルを変換せず編集・保存、リアルタイムコラボレーションが可能に。Googleが正式発表。

2019年4月15日


Googleは同社のオフィススイートであるG SuiteのGoogle Docs、Google Sheets、Google Slidesの新機能として、Microsoft OfficeのWord、Excel、PowerPointのファイルを変換せず、そのまま編集し保存が可能になることを正式に発表しました

対応するファイル形式は以下。

Wordファイル:.doc .docx .dot
Excelファイル:.xls .xlsx .xlsm (macro enabled Excel files) .xlt
PowerPointファイル: .ppt .pptx .pps .pot

利用方法はGoogle DriveにOfficeファイルを保存、ダブルクリックしてGoogle DocsやSheets、Slidesで開き、そのまま編集することでファイル形式が変換されることなく、編集作業が行われます。また、G Suiteが備えているリアルタイムなコラボレーション機能にも対応します。

fig

保存時にもそのままのファイルフォーマットで保存。もしも対象のファイルがOffice 2007よりも古い形式だった場合、最新のOfficeフォーマットに変換されて保存されます。

Officeファイルがそのまま編集、保存できることで、G SuiteとOfficeの相互運用性が高まることが期待されます。ただ、日本語化された場合の互換性などについては気になるところです。

この新機能は順次展開されていくとのことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


≫次の記事
OpenStack 19番目のリリース 「Stein」登場。5分でKubernetesノードを起動する「Magnum」、「Neutron」はネットワーク帯域幅をリソースとして扱い可能に

≪前の記事
Google、Dockerコンテナをサーバレスで実行できる新サービス「Cloud Run」パブリックベータで公開。Knativeベースの互換性実現。Google Cloud Next '19


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig