Apple、新フレームワーク「Swift UI」発表。簡潔なコードとドラッグ&ドロップでUIを構築、デバイスでの即時プレビュー。WWDC19

2019年6月4日

米Appleは6月3日(日本時間6月4日未明)にカリフォルニア州サンノゼで開催したイベント「WWDC19」にて、Swift言語を用いて効率的にユーザーインターフェイスを定義できるUIフレームワーク「Swift UI」を発表しました。

fig1

例えば、こうしたよくあるUIを従来のObjective-CとUIKitで記述すると、多くのコードが必要です。

fig2
fig3

これがSwift UIを用いると簡潔に記述できることがWWDC19のステージで紹介されました。

fig4

Dynamic Type、ダークモード、ローカライゼーションなど多くの機能に対応。

fig5

開発ツールのXcodeもインタラクティブな開発環境に進化しています。左側のコードを変更すると、その結果が自動的に右側プレビュー画面に反映されます。

fig6

メニューからUI部品をプレビュー画面上にドラッグ&ドロップし、プロパティを変更すれば、それらも左側のコードにも反映されます。

fig7

コードをListに変更(画面左の反転しているところ)すると、プレビュー画面もリスト形式に。

fig8

画面上で実行するだけでなく、デバイス上で実行し動作確認もできます。この状態でコードの編集をすれば自動的にデバイス側の動作にも反映されます。

fig9

Mac、iPhoneだけでなくすべてのAppleデバイスのアプリケーションを開発可能。

fig10

参考:Xcode - SwiftUI - Apple Developer

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本