Rustが過去最大のバージョンアップ、「Rust 2018 Edition」正式リリース

2018年12月18日

Mozillaが中心となってオープンソースで開発されている言語「Rust」の最新バージョン「Rust 1.31」がリリースされました

そしてRust 1.31はこれまでのRust言語に対する破壊的変更によってRust言語を進化させる「Rust 2018 Edition」(以下、Rust 2018)の最初のリリースでもあります。

Rust

これまでのRustは「Rust 2015 Edition」(以下、Rust 2015)と呼ばれます。

Rust 2018では言語の破壊的変更が行われましたが、Rust 2018のコンパイルを行うにはオプトイン方式による設定が必要。デフォルトではRust 2015のコードをコンパイルするようになっているため、Rust 2015で書かれたユーザーのコードに対する互換性はRust 2018でも維持されるようになっています。

Rust 2018 Editionでは生産性の向上を最大のテーマとし、特にネットワークサービス、コマンドラインインターフェイスのアプリケーション、WebAssembly、組み込みデバイスの4つの領域をおもなターゲットとして改善を行っていくとしていました

おもな変更点としては、ドキュメントの改善やコンパイラの改善などに加え、generators/async/await構文の採用による非同期処理の実現、モジュール機構をさらに簡単かつ明確にし、ノンレキシカル・ライフタイムの採用によって値や参照のライフタイムを改善する、といったことが挙げられます。

Rust言語は、C言語のように低レベルのシステム開発向けに作られた言語です。しかし低レベル向けの言語でありながら、不正なメモリ領域を指すポインターなどを許容しない安全なメモリ管理と、マルチスレッド実行においてデータ競合を排除した高い並列性を実現している点が特長で、Mozillaのレンダリングエンジンなどの開発に使われています。

2018年3月に発表されたStackOverflowによる調査では、一番好きな言語のトップがRustとなっており、非常に注目されている言語でもあります。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本