Kotlin用フレームワーク「Ktor 1.0」正式リリース。非同期処理に対応したWebサーバとマルチプラットフォームなクライアントの開発に対応

2018年11月26日

Kotlinの開発元であるJetBrainsは、Kotlinに対応したフレームワーク「Ktor 1.0」正式版のリリースを発表しました

Kotlinにはバージョン1.3からノンブロッキングな非同期処理を容易に記述できる「coroutine」機能が搭載されました。Ktorはこのcoroutineを活用し、非同期処理を行うサーバやクライアントの開発を容易にするフレームワークです。

サーバ用フレームワークとしては、標準のサーブレットエンジンに加えてJetty、Netty、Tomcatなどのサーブレットエンジンを差し替え可能です。

また標準でルーティング、JSONシリアライゼーション、FreemarkerおよびVelocityなどに対応したHTMLテンプレートエンジン、ユーザー認証機能などを備えており、さらにプラグインによって機能追加もできるようになっています。

fig

さらに迅速な開発を容易にするために高速な起動、自動リロードなども備えています。

一方クライアントはKotlinのマルチプラットフォーム機能を活用し、JavaVMに加えてJavaScript、Android、iOSに対応した非同期クライアントが開発可能です。


関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本