国内データセンターサービスの市場は2022年まで年平均8.6%成長、1兆8000億円規模に。クラウドが牽引。IDC Japan

2018年11月26日


調査会社のIDC Japanは、国内データセンターサービスの2018年の市場規模と2022年までの成長予測について発表しました

データセンターサービスとは、顧客企業の情報システムを情報サービス事業者のデータセンター内で運用監視するサービス。同社は、データセンターサービスを「クラウド系サービス」と「非クラウド系サービス」に分けています。

クラウド系サービスとは、アマゾン、マイクロソフト、グーグルなどが提供するクラウドサービス、およびそうしたクラウドサービスの稼働環境としてデータセンターなどを提供するサービスを指します。また、非クラウド系サービスとは、従来型のWebホスティングや業務システムアウトソーシングなどを指します。

fig 国内データセンターサービス市場 売上額予測:2017年~2022年。2017年は実績値、2018年以降は予測。Source: IDC Japan, 10/2018

発表によると、2018年の国内データセンターサービスの市場規模は1兆2923億円となる見込みで、前年比8.4%増。

2017年~2022年の年間平均成長率は8.6%と、高い成長率が維持されると予測されています。2022年の市場規模は1兆7976億円となるとのこと。

国内データセンターサービス市場では、クラウド系サービスの伸びがその成長の牽引役となっており、2020年には国内データセンターサービス市場の半分以上をクラウド系サービスが占めるとIDC Japanでは予測。

こうしたクラウドの成長に対応するため、クラウドの国内拠点となるデータセンターを提供するためのデータセンターサービスも市場の成長に寄与してるとのこと。

今後AIやIoTの利用が拡大するにつれてクラウドサービスへの需要は一層高まるとIDC Japanではみており、それに伴ってクラウドサービス拠点としてのデータセンターサービスには、低コストでスピーディな運用が求められることになるとしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


≫次の記事
[速報]AWS Transfer for SFTP発表、Amazon S3へファイル転送するマネージドなSFTP。AWS re:Invent 2018

≪前の記事
Kotlin用フレームワーク「Ktor 1.0」正式リリース。非同期処理に対応したWebサーバとマルチプラットフォームなクライアントの開発に対応


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig