Chrome 70から、WebAuthnでMacのTouchIDとAndroidの指紋認証がデフォルトで利用可能に。Webサイトへのログインもタッチで

2018年9月19日


パスワードを使わずデバイス側での指紋認証やPINコードなどによる認証によりWebサイトへログインできるWebAuthnは、2018年4月にW3Cの勧告候補になり、Chrome、Firefox、Microsoft Edgeへの実装が進められています。

参考:パスワードに依存しない認証「WebAuthn」をChrome/Firefox/Edgeが実装開始、W3Cが標準化。Webはパスワードに依存しないより安全で便利なものへ

Googleは5月にリリースしたChrome 67でWebAuthnへの対応を行いましたが、10月にリリースされるChrome 70では実装を進化させ、デフォルトでMacのTouchIDとAndroidの指紋認証に対応することを明らかにしました

TouchIDはMacBook Proなどに搭載されている指紋認証機能です。Macのロック解除やApple IDへのログイン、Apple Payの支払時の確認などに用いることができます。

fig

Chrome 70のWebAuthnでTouchIDがデフォルトで利用可能になると、MacユーザーはWebAuthnに対応したWebサイトに対してユーザー名やパスワードをいちいち入力することなく、TouchIDにタッチするだけでログインや支払い時の確認などを行えるようになります。

Chrome 70は10月16日に正式版が登場予定。現在ベータ版が公開されています。

Microsoft Edgeも10月にWebAuthn対応

マイクロソフトは10月に予定されているWindows 10の秋の大型アップデートで、Microsoft EdgeにWebAuthnを実装することを明らかにしています

Microsoft EdgeのWebAuthnは、Windows Helloの顔認証や指紋認証に対応する予定です。すなわちWindowsのログインに使う顔認証や指紋認証、PINコードの入力などがそのままMicrosoft EdgeのWebAuthnでも使えるようになる見通しです。

今後WebAuthnの実装が進んでいくにつれて、OSやデバイスに標準搭載されている指紋認証や顔認証、PINコードなどの機能がそのままWebブラウザのWebAuthnでも使われ、Webサイトへのログインに使われる流れが見えてきました。

参考

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


≫次の記事
マーチン・ファウラー氏の新著「リファクタリング 2nd Edition」が完成、ほぼ全面的な刷新。日本でも11月22日発売

≪前の記事
「NoOps? よろしい、ならば戦争だ」 NoOpsコミュニティに異議申し立てた「Opsの味方」 決裂か? 和解か? NoOps Meetup Tokyo #1


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig