マイクロソフト、Azureの画像認識にユーザーの追加学習を可能にする「Custom Vision」のパブリックプレビュー開始。学習済みモデルはiOS/Androidでオフライン利用可能

2018年3月6日

マイクロソフトは、Microsoft Azureで提供している画像認識機能に対してさらにユーザー独自の画像を用いて追加学習を行える「Custom Vision」のパブリックプレビューを開始したと発表しました

Custom Vision

Custom Visionを利用することで、開発者はあらかじめ提供されている画像認識機能を基盤としつつ、例えば自社商品の画像を学習させることで、さまざまな写真のなかから自社商品が写っているものを判別できるようにする、といったことが可能になります。

学習した内容をエクスポート、iOS/Androidでもオフラインで利用可能

利用方法は、上記のCustom Visionのトップページに説明されているように、学習させたい画像をアップロードし(Upload Images)、学習を行います(Train)。すると、学習した内容を基にした評価ができるようになる(Evaluate)というもの。

Cutom Visionは、学習済みモデルをiOS 11でサポートされているCoreMLフォーマットや、Androidで 利用可能なTensorFlowフォーマットでエクスポート可能になっています。学習済みモデルをiOSやAndroidのデバイスに読み込ませることで、オフラインの状態のデバイスであっても学習により獲得した認識能力を発揮させることができるようになります。

Custom Visionのように画像認識機能に対してユーザーが追加学習を可能にする機能は、Googleも1月に「Cloud AutoML Vision」として発表しています。

画像認識などこれからの機械学習機能の開発は、クラウドベンダが用意した基盤機能に対してユーザーが追加学習を行うことでカスタマイズしていく、という方法が主流になっていくのでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ Microsoft Azure / 機械学習・AI / Microsoft / TensorFlow



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準
アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本