米ガートナー、先進テクノロジーにおけるハイプサイクル2017年版を発表。AI Everywhere。サーバレスは黎明期、ディープラーニングやブロックチェーンは過度な期待

2017年8月17日

米調査会社のガートナーは、先進テクノロジーに関するハイプサイクルの2017年版「Hype Cycle for Emerging Technologies, 2017」を発表しました

Gartner Hypecycle 2017 Gartner Identifies Three Megatrends That Will Drive Digital Business Into the Next Decade」から。縮小のため画像の右側にある「Plateau of Productivity」(生産性の安定期)欄を省略。赤線はPublickeyによる

ハイプサイクルは、技術の登場から安定までを以下のステージに分けて説明したもの。

  • 黎明期(Innovation Trigger)
  • 「過度な期待」のピーク期(Peak of Inflated Expectations)
  • 幻滅期(Trough of Disillusionment)
  • 啓蒙活動期(Slope of Enlightenment)
  • 生産性の安定期(Plateau of Productivity)

AIがあらゆるものに組み込まれる

2017年版のハイプサイクルについて、ガートナーは「AI everywhere」「transparently immersive experiences(透過的没入体験)」「digital platforms」の3つがトレンドであるとしています。

「AI everywhere」は文字通り、あらゆるものにAIが組み込まれていくというもの。ハイプサイクルの中では、今年初めて登場したキーワードです。

「transparently immersive experiences(透過的没入体験)」は、人やビジネス、モノなどに自然な形でテクノロジーが溶け込んでいくことで、昨年もトレンドとして同社は取り上げているため、引き続きこの方向性が続くことになるのでしょう。

「digital platforms」は企業のデジタル戦略を支えるためのプラットフォーム。同社ではエンタープライズアーキテクチャに基づく、企業のデジタル戦略にとって欠かせないものとしています。

昨年同社はトレンドのひとつとして「The platform revolution」(プラットフォームの革新)を挙げ、ITインフラがエコシステム化することの影響を説いていました。今回の「digital platfroms」は、その考えの延長線上にあるものといえるでしょう。

サーバレスは黎明期、ディープラーニングは過度な期待

今年のハイプサイクルから、気になるキーワードをいくつか取り上げてみると、「Serverless PaaS」が黎明期に、「Conversational User Interface」も黎明期にあります。

昨年は黎明期にあった「IoT Platform」「Blockchain」などは今年、順調に「過度な期待」のピーク期へと移行しています。

また、「Deep Learning」「Machine Learning」「Cognitive Computing」などAIや機械学習関連のテクノロジーも今年は「過度な期待」のピーク期に。

一方で「Augumented Reality」は幻滅期、「Virtual Reality」は啓蒙活動期と、AR/VR関連は過度な期待を抜け出したと見られているようです。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly




カテゴリ

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本