米ガートナー、2015年版ハイプサイクルを発表。IoT、機械学習は期待のピーク、マイクロデータセンターが黎明期、ハイブリッドクラウドは幻滅期

2015年8月19日

米調査会社のガートナーは、エマージングテクノロジーに関するハイプサイクルの2015年版「Gartner's 2015 Hype Cycle for Emerging Technologies Identifies the Computing Innovations That Organizations Should Monitor」を発表しました。

fig 「Gartner's 2015 Hype Cycle for Emerging Technologies Identifies the Computing Innovations That Organizations Should Monitor」から、縮小のため一部改変。赤線はPublickeyによる

ハイプサイクルは技術の登場から安定までを以下のステージに分けて説明したもの。

2015年版の主な技術のステージを見てみると、Internet of Things(IoT)と機械学習(Machine Learning)は「『過度な期待』のピーク」としてやや持ち上げられ過ぎている傾向があると見られており、一方でハイブリッドクラウドコンピューティングについては幻滅期に入ったところと位置づけられています。昨年版と見比べてみると、実はこのIoTとハイブリッドクラウドの位置はあまり変わっていないようです。

また、昨年版で幻滅期にあったクラウドコンピューティングは、今年はこの図から消えています。すでに評価は定まったということなのでしょう。

黎明期にあるのがIoTプラットフォームとマイクロデータセンターで、今後5年から10年かけて安定期へ移っていくだろうとされています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : IoT , クラウド , 調査結果



≫次の記事
Windows 10にメモリ圧縮機能が追加、メモリ不足時の動作が高速に。新しいBuild 10525で
≪前の記事
もう集計システムの開発は不要になる? 複数のExcelシートを流し込むとクラウドが自動的に集計項目を計算してくれる「Masume」。グレープシティ

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus