GoogleのBigQuery、標準のSQL構文(SQL 2011)対応。期間でテーブルを分けるタイムベースパーティショニングも可能に

2016年6月6日

Googleは大容量データに対する検索を高速に実行できるクラウドサービス「BigQuery」で、標準的なSQL構文などの新機能が利用可能になったと発表しました

BigQuery 1.11, now with Standard SQL, IAM, and partitioned tables! | Google Cloud Big Data and Machine Learning Blog  |  Google Cloud Platform

BigQueryは、大容量のデータをカラム型のデータ配置や並列分散処理などによって、高速な検索や連結を可能にしています。

これまでBigQueryはSQLに似た構文を用いていましたが、最新版となるBigQuery 1.11から、標準的なSQL構文(SQL 2011)にベータ版として対応しました。

内部動作のオプティマイゼーションを改善し、複雑な副問い合わせなどが記述可能になり、日付、時間、配列、構造体などの型にも対応。シータジョイン(θジョイン)と呼ばれる拡張された連結にも対応したとのことです。

また、期間ごとにテーブルを自動的に分割するパーティショニング(Time based table partitioning)も実現。データをロードするときに自動的にBigQuery側で期間ごとに分けたテーブルを作成してくれます。

こうすることで、特定の期間に対する検索をする場合に、そのパーティションしかスキャンしないため、処理速度が向上。もちろん次のように複数の期間にまたがった検索も可能です(「BigQuery 1.11, now with Standard SQL, IAM, and partitioned tables! | Google Cloud Big Data and Machine Learning Blog  |  Google Cloud Platform」から引用)。

fig

また、BigQuery 1.11ではユーザーのロールやアクセス制御を中枢して管理できる「Cloud IAM」にも対応しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ Google Cloud / RDB / クラウド / Google / ビッグデータ



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準
アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本