[速報]VMware、vSphere 6を発表。長距離vMotion、マルチプロセッサVM用フォルトトレラント機能など

2015年2月3日

米VMwareは2月2日(日本時間2月3日午前6時)、同社の仮想化製品の最新版「vSphere 6」および関連製品群の最新バージョンを発表しました

fig

オンラインイベントで新製品群を発表するパット・ゲルシンガーCEO。

vSphere 6は650以上の新機能を搭載。大きな特長としては、さらにスケーラビリティを拡大したこと、可用性の強化、運用の強化など。

fig

前バージョンのvSphere 5.5と比較して、クラスタあたりのホスト数が2倍、ホストあたりのメモリが3倍の12TB、仮想マシンのメモリは4倍の4TBまでサポート。

fig

可用性の強化として、長距離でのvMotionとマルチプロセッサ用フォルトトレラント機能を追加。

fig

長距離vMotionは、データセンター間でも国境を越えてでも仮想マシンを移動できる。ディザスタリカバリに役立つ。

fig

マルチプロセッサVM用フォルトトレラント機能を搭載。

fig

ハイブリッドクラウド環境での管理機能の強化。

fig

また、Dockerのようなコンテナ並みのスピードで仮想マシンをプロビジョニング可能な「インスタントクローン技術」も搭載しました。

vSphere 6は2015年第1四半期にリリース予定

関連記事:vSphere 6発表

あわせて読みたい

VMware コンテナ型仮想化 仮想化




タグクラウド

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準

アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed

最新記事10本