ベアメタルサーバの新サービス「データ消去証明書」発行を開始、リンク

2014年10月1日

一般的なクラウドのように仮想サーバを利用者に提供するのではなく、物理サーバ、いわゆるベアメタルサーバを貸し出すサービスが最近では広がり始めています。物理サーバの利点は、仮想ハイパーバイザのオーバーヘッドがないためプロセッサやI/Oの性能をフルに利用できる点や、他のユーザーとサーバを共有しないためセキュリティの心配が小さい点などがあります。

リンクが提供する「ベアメタル型アプリプラットフォーム」では、これらのベアメタルサーバの利点に加えて、利用後に「データ消去証明書」を発行するサービスを開始しました(プレスリリース)。

物理サーバを専有するベアメタルサービスは、利用後にハードウェアのデータが完全に消去され初期の状態に戻されます。そのため、利用後もほかのユーザーが利用し続けている仮想サーバとは異なり、データが完全に消去されたことを示す「データ消去証明書」の発行が可能となる、と同社は説明しています。

(追記:同社によると消去時にはストレージにデータを4回上書きし、あとから読み取りが困難なようにしているとのことです)

ストレージなどに記録された情報は、あとから解析ツールなどである程度復元することが可能になっています。ベアメタルサーバではサーバを専有して自由に利用できるがゆえに、この解析ツールなどで以前に利用していたユーザーのデータを解析できる可能性も高いと考えられます。同社のサービスはこうしたセキュリティリスクへの対策といえそうです。

データ消去証明書は1台当たり初期費用5000円(税別)で利用可能。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ クラウド / IaaS



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準
アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本