シスコ、ハイパーコンバージド基盤ソフトを開発するSpringpath買収を発表。ハイパーコンバージドインフラへの注力強化へ

2017年8月23日

複数のサーバをソフトウェアで束ねることでスケーラブルな仮想化基盤を実現する、いわゆるハイパーコンバージドインフラストラクチャは、いまサーバ分野でもっとも成長しているセグメントとしてハードウェアベンダ各社が注力しています。

2016年10月に発表された米調査会社ガートナーのレポートでは、ハイパーコンバージドインフラストラクチャは「統合システム市場を破壊的しつつある」と表現されているほどです。

この分野をリードする新興企業のNutanixは自社でハイパーコンバージドインフラ用の基盤ソフトウェアを開発し、アプライアンスとして製品化しています。

Nutanixを追う形のDell EMCは傘下のVMwareの仮想化ソフトウェア製品群をハイパーコンバージドインフラに最適化する形で採用。HPEはNutanixと共にハイパーコンバージドインフラ市場をリードしてきたSimpliVityを2017年1月に買収。自社サーバに組み入れて展開するようになりました。

一方、シスコは2016年にこのハイパーコンバージドインフラ市場に「HyperFlex」を投入し、本格参入を開始していますが、HyperFlexの基盤ソフトウェアである分散ファイルシステムは、シスコが(多少の資本関係はありつつも)サードパーティであるSpringpathと共同開発したものでした。

fig Cisco HyperFlex

そのシスコが21日付で、Springpathの買収を発表しました

Springpath買収でハイパーコンバージド分野でさらに積極展開へ

買収するプレスリリースの中で、シスコのバイスプレジデント、Corporate Business Development担当のRob Salvagno氏は次のようにコメントしています。

Springpath's file system technology was built specifically for hyperconvergence, which we believe will deliver sustainable differentiation in this fast-growing segment.

Springpathのファイルシステムテクノロジーはハイパーコンバージェンスのために開発されたものであり、この急速に成長するセグメントにおいて今後も引き続き差別化を実現できるものと確信している。

Springpathの買収によって、シスコはハイパーコンバージドインフラ全体を自社製品として固めることが可能になりました。今後この分野で、同社のより積極的な製品展開が見られることが期待されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ サーバ / ストレージ / ネットワーク
タグ  Cisco , HCI


次の記事
8月にリリースされたFirefox 55以降ではSelenium IDEが動作せず、Seleniumオフィシャルブログで報告。今後の方向性は?

前の記事
経産省、IT人材のさまざまな属性別給与水準に関する初の大規模な公的調査の結果公表。職種別の平均年収トップはコンサルタント。年収が高いほど残業と勉強時間が長く


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig