[速報]セールスフォース・ドットコム、Google Cloud Platformをコアインフラに採用。Google Analytics、GSuiteとの統合も発表。Dreamforce 2017

2017年11月7日


セールスフォース・ドットコムはサンフランシスコで開催中の年次イベント「Dreamforce 2017」で、Googleとの戦略的提携を発表しました。

セールスフォース・ドットコムは同社のクラウドサービスをグローバル展開する際のインフラとして一部にGoogle Cloud Platformを採用する計画です

さらにセールスフォース・ドットコムのクラウドサービスをGSuiteと統合し、ユーザーインターフェイスを構築するSalesforce Lightningやドキュメント共有サービスのQuipなどと、GmailやGoogle Calendar、Google Spreadsheets、Hangout Meetなどがシームレスに連携できるようになるとのこと。

具体的には、Salesforce Lightning for Gmail、Salesforce Lightning for Google Sheets、Quip Live Apps for Google Drive and Google Calendar、Salesforce for Hangouts Meetなどがリリース予定です。

また、営業支援サービスやマーケティング支援サービスのSales Cloud, Salesforce Marketing CloudとGoogle Analytics 360とを統合することで、データをより深く分析できるようになることも発表されました。

AWSに加えGoogle Cloud Platformも推奨パブリッククラウドに

Dreamforce 2017の基調講演に登場した、同社CEOのマーク・ベニオフ氏。

Dreamforce 2017 fig1 Marc Benioff CEO

同社はすでにAWS、IBM、Dellとを戦略的パートナーを結んでいます。特にAWSは昨年5月に推奨パブリッククラウド事業者(preferred public cloud infrastructure provider)としてクラウド基盤を活用することを明らかにしています。

Dreamforce 2017 fig2

今回のDreamforce 2017では、新たにGoogleとも戦略的パートナーシップを結び、Google Cloud Platformも推奨パブリッククラウド事業者となります。

Dreamforce 2017 fig3 Salesforce.com and Google Cloud Platform

Dreamforce 2017の会場には、Google Cloud Platformのトップ、ダイアン・グリーン氏も登場しました。

Dreamforce 2017 fig4 Google Cloud Platform Diane Green

Dreamforce 2017

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  Google , Google Cloud Platform , Salesforce.com


次の記事
[速報]AIが自動返答するチャットボットを手軽に構築、セールスフォース・ドットコムが「myEinstein」を発表。Dreamforce 2017

前の記事
DBMS市場のリーダーはマイクロソフト。オラクルが続き、AWSとSAPが追う。IBMは地位後退。ガートナーがDBMSのマジッククアドラント2017年版を発表


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig