[速報]Java対応のサーバレスプラットフォーム「Fn Project」、オラクルがオープンソースで公開。JavaOne 2017

2017年10月3日

サンフランシスコで開幕した「JavaOne 2017」。初日の基調講演では、オラクルがJava対応のサーバレスプラットフォーム「Fn Project」(エフエヌプロジェクトと発音されていました)を発表。オープンソースとして公開しました。

Fn ProjectがJavaOne 2017で発表

Fn Projectは、3つコンポーネントで構成されています。1つ目はFunction as a Serviceを実現する「Fn Server」。クラウドでも、手元のノートPCでも実行可能で、コンテナネイティブとして開発されています。

2つ目は、Java Function Development Kit(Java FDK)。JavaでFunctionを記述するためのSDKです。テストも可能。

3つ目は、Functionのオーケストレーションによる高度なワークフローを実現するFn Flow。

Fn Projectは言語に依存しないサーバレスプラットフォームとされていますが、Javaが最初に正式サポートされる言語となります。

コードは1本のコードとして見える

下記が基調講演で示されたFn Projectに対応したアプリケーションのサンプルコード。

見た目は1本のコードのようになっていますが、このコードには5つのFunctionが記述されています。1本のコードのように書けることで、従来のIDEで扱いやすく記述しやすいだけでなく、このままテストでき、ブレークポイントを設定してデバッグをすることも可能。

Fn Projectのコードサンプル

実行時には5つの関数として実行され、その裏ではさらに多くの呼び出しが行われ、それぞれ別のJavaVMで並行して実行されます。

と同時に、サーバレスアーキテクチャが備える、実行時のみの課金による経済性や並列性やスケーラビリティといった利点はFn Projectでもそのまま得られるようになっています。

Fn Flowで実行されているノードの一覧を表示。特定のノードをクリックすると、そのコールスタックの表示もできるため、実行内容の詳細を把握できます。

Fn Flowで実行状況をビジュアルに表示

このFn Projectは、JavaOneの基調講演の壇上でオープンソースとして公開されました

Fn ProjectをGitHubでオープンソースとして公開

追記:オラクルはこの発表の翌日に、「Fn Project」を採用したサーバレスコンピューティング環境をクラウドで提供することを発表しました。

JavaOne 2017

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ 開発ツール / 言語 / プログラミング
タグ  Java , サーバレスアーキテクチャ


次の記事
NetApp、ラスベガスでの乱射事件により、現地の年次イベント「NetApp Insight 2017」を順延

前の記事
Oracle DBのバージョンが「12c」から一気に「18c」へ、2018年由来。Oracle OpenWorld 2017


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig