IBM Cloudのサーバレス機能がPHPのサポートを開始。サービス名称は「Bluemix OpenWhisk」から「IBM Cloud Functions」へ変更

2017年9月6日

IBM Cloudが提供するサーバレスコンピューティング環境「Bluemix OpenWhisk」でPHPとSwiftのサポートを開始するとともに、サービス名称を変更して「IBM Cloud Functions」にすることを、8月24日付けのBluemix Blogに投稿した記事「Four Reasons Serverless FaaS on the IBM Cloud is Better Than Ever - Bluemix Blogで明らかにしました。

オープンソースとクラウドサービスの違いを明確に

IBM Cloud Functionsは、オープンソースの「Apache OpenWhiskをベースにしたサーバレスコンピューティング環境、あるいはFunctions as a Service(FaaS)環境を提供するサービスです。

IBM Cloud Functions

IBMは旧名「Bluemix OpenShisk」から「IBM Cloud Functions」への名称変更の理由を、Apache OpenWhiskとIBMのクラウドサービスを明確に違うものと位置付けるためだと、以下のように説明しています。

This will simplify documentation and better distinguish our cloud service offering from the Apache OpenWhisk community effort. In fact, this change is required.

これによってドキュメントがシンプルになり、私たちが提供するクラウドサービスとApache OpenWhiskコミュニティの取り組みが明確に区別されるでしょう。実際のところ、この変更は求められたものでした。

IBMは今後も引き続きApache OpenWhiskへコミットし続けることも表明しています。

PHPのサポートを開始

Apache OpenWhiskでPHPのサポートが実現したことで、IBM Cloud FunctionsでもPHPのサポートが開始されたことが合わせて発表されました。

また、Docker対応によってDockerコンテナでパッケージングされたプログラミング言語の対応によりSwift対応も実現されていましたが、IBMは同じタイミングでSwift 3.1へアップデートしたことも発表されました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : FaaS , IBM , サーバレスコンピューティング



≫次の記事
Googleが「Google認定モバイルWebスペシャリスト」の試験を開始。モバイル対応Webアプリの開発者に求められるスキルを認定
≪前の記事
ビジネスマンがデータ分析をする「シチズンデータサイエンティスト」が登場。仕事のデジタル化はこの先どうなるか、ガートナーが「デジタルワークプレイスのハイプサイクル2017年版」発表

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig