[速報]Azureも仮想マシンが安くなる「リザーブドインスタンス」を利用可能に、最大72%割引。Microsoft Ignite 2017

2017年9月26日

マイクロソフトはフロリダ州オーランドで開催中のイベント「Microsoft Ignite 2017」で、Microsoft Azureの仮想マシンの利用料金が最大72%安くなる「Reserved VM Instances」を発表しました。

クラウドでは仮想マシンのインスタンスを必要になったときに起動し、使わなくなったら削除することで使った分だけ利用料を払う、というのが一般的な使い方です。

しかしこの「Reserved VM Instances」は、仮想マシンのインスタンスを1年から3年分あらかじめ予約することで、最大72%まで利用料金の割引を受けるというもの。

この料金体系は以前からAmazon Web Servicesがほぼ同名の「リザーブドインスタンス」として提供しており、Microsoft Azureはそれを後追いした形になります。

Azureのリザーブドインスタンスはいつでもキャンセルや払い戻しが可能

Microsoft Ignite 2017のテクニカルキーノートに登壇したスコット・ガスリー氏 Microsoft Ignite 2017のテクニカルキーノートに登壇したスコット・ガスリー氏

同社のCloud & Enterprise担当バイスプレジデント Scott Guthrie(スコット・ガスリー)氏は、ブログ「New Azure advancements remove cloud barriers for enterprises at Ignite 2017で、Reserved VM Instancesの特徴を次のように説明しています。

With Azure Reserved VM Instances (RI), you have unprecedented flexibility to cancel or refund your RIs at any time. RIs help provide cost predictability and ensure you have the VM capacity you need when you need it. We will continue to expand our Reserve Instances to additional Azure services in the future, as well.

Azure Reserved VM Instances(RI)は、これまでにない柔軟性としてキャンセルや払い戻しをいつでも受け付けている。RIはコストの予測を容易にするとともに、仮想マシンのキャパシティが必要な分だけ必要な時点で入手できることを確約するものだ。われわれは今後、このRIの仕組みをほかのAzureのサービスにも広げていくつもりだ。

マイクロソフトはAWSのアベイラビリティゾーンも同じ名前、同じ機能で提供することを発表しています。AWSで一般的な機能は積極的に同じようにAzureへ実装していこう、という姿勢のようです。

Microsoft Ignite 2017

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  Microsoft , Microsoft Azure


次の記事
[速報]Windows、Linux、Dockerに対応した「SQL Server 2017」正式版リリース。Microsoft Ignite 2017

前の記事
マイクロソフト、Azureで高可用性を実現する「アベイラビリティゾーン」機能を発表。AWSと同じ仕組み。Microsoft Ignite 2017


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig