ガートナージャパン、「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2017年」発表。DevOpsは過度な期待のピーク、クラウドやビッグデータは幻滅期

2017年10月10日

調査会社のガートナージャパンは、「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2017年」を発表しました

米ガートナーは毎年、技術の登場から安定までを図にまとめた「先進テクノロジーにおけるハイプサイクル」を発表しています。ガートナージャパンが今回発表したのは、2017年現在の日本のIT市場においてITリーダーがいま押さえておくべき代表的な40のキーワードの、日本国内におけるトレンドです。

fig 「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2017年」から。画像縮小に伴い画像の右側にある「Plateau of Productivity」(生産性の安定期)欄を省略。赤線はPublickeyによる

ハイプサイクルは、技術の登場から安定までを以下のステージに分けて説明したもの。

黎明期にはIoTプラットフォームやロボティック・プロセス・オートメーションなど

「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2017年」(以下、日本版)では、黎明期に「デジタル・ビジネス・プラットフォーム」「IoTプラットフォーム」や「ロボティック・プロセス・オートメーション」などが並んでいます。

8月に発表された米ガートナーのハイプサイクル(以下、米国版)では、IoTプラットフォームは「過度な期待」のピーク期にあり、日本ではやや遅れていることがわかります。

また、「ロボティック・プロセス・オートメーション」は日本版にしかないキーワードです。これは、ソフトウェアで作られたロボットを用いて、これまで人間が行ってきた業務アプリケーションの入力の自動化やデータの加工などを行うもの。

当初はルーチン化された単純作業をソフトウェアロボットに置き換えることが行われていましたが、機械学習などとの組み合わせによって徐々に複雑な業務も担当するようになってきています。

日本版にだけ登場するキーワードはDevOpsやビッグデータなど

日本版では、ブロックチェーンや人工知能、DevOpsなどは「過度な期待」のピーク期にあるとされています。

米国版でもDeep LearningやMachine Learning、Blockchainは同じく「過度な期待」のピーク期にあり、このあたりの盛り上がりは国内外でそれほど変わらないことが分かります。

一方でDevOpsは日本版にのみ登場し、米国版にはないキーワードです。幻滅期にあるビッグデータやクラウドコンピューティングも同様に日本版にのみ登場します。

一方、米国版にあって日本版にないキーワードとして、Augmented Reallity(幻滅期)やVirtual Reallity(啓蒙活動期)などがあり、このあたりには国内外で注目されているキーワードの違いを感じさせます。

ガートナージャパンはこの日本版ハイプサイクルについて次のようにコメントしています。

「モノのインターネット (IoT)、人工知能 (AI)、ブロックチェーンといったさらに新しいトレンドが注目を集め、概念実証 (POC) に積極的に取り組む企業も増加しています。同時に、企業のITシステムがよりオープンになり、かつ社外のリソースとつながることで、『デジタル・プラットフォーム』というコンセプトが開花しています。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ 業界動向 / IoT / その他
タグ  調査結果


次の記事
オラクルがSolaris関連をほぼ全員レイオフ/Java 9が正式リリース、Project Jigsawが実現/アプリケーションサーバ「NGINX Unit」公開。ほか、2017年9月の人気記事

前の記事
PostgreSQL 10正式リリース。論理レプリケーションで特定のテーブルのみ複製、テーブルパーティショニングの容易な構成など


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig