Red Hat、ローカルマシンでコンテナ開発環境を構築する「OpenShift Container Local」、開発者向けに無償提供

2016年7月1日

Red HatはPaaS型クラウド基盤ソフトウェアのOpenShiftを刷新し、コンテナ対応プラットフォームへの強化を発表しました

OpenShiftは、コンテナに最適化されたLinux OSであるRed Hat Enterprise Linux Atomic Hostや、コンテナのオーケストレーション機能を提供するKubernetesなどで構成されるPaaS基盤ソフトウェアです。

今回の強化ではこのPaaS基盤に加え、コンテナ対応の包括的なプラットフォームとして、開発者向けのコンテナ環境を構築する「OpenShift Container Local」、テスト環境となる「OpenShift Container Lab」、そして本番環境向けの「OpenShift Container Platform」(「OpenShift Enterprise」から改名)などのラインナップが揃います。

fig

OpenShift Container Localは、「Red Hat Container Developer Kit」に含まれる形で、デベロッパーに無償で提供されます。これにより、誰でもRed HatのOpenShift環境でコンテナ関連の開発を行え、そのままテスト、本番環境へのデプロイというワークフローをスムーズに始めることが可能になります。

Red Hatはこれにより、OpenShiftを基盤としたDevOps環境も実現できるとしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ Docker / コンテナ / 仮想化
タグ  Docker , PaaS , Red Hat , コンテナ , 仮想化


次の記事
Red Hat、コンテナ化した分散ファイルシステムの「Gluster Storage」をリリース

前の記事
「Amazon Elastic File System」が正式版に。NFSでマウント、使った分だけ自動拡張、数千クライアントにも対応するスケーラビリティ


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig