MariaDB、カラム型データベースエンジン「MariaDB ColumnStore」発表。OLAPへ参入

2016年4月8日

MariaDBは、大規模並列処理に対応し、ビッグデータの分析などに適した新しいデータベースエンジン「MariaDB ColumnStore」を発表しました

fig

MariaDB ColumnStoreは、その名が示す通りMariaDBのストレージエンジンとして組み込めるカラム型のデータベースエンジンです。

一般のデータベースエンジンはデータを行単位で扱うのに対して、カラム型データベースエンジンは列単位で処理するのが最大の特徴です。

データを列単位で処理すると同一型のデータが並ぶためデータの圧縮効率が高く、また一般に列方向で行われる集計処理も高速に、しかも列ごとに分散して並列に行えるという利点があります。そのためにカラム型データベースエンジンは、大規模な分析や集計処理を得意とするデータベース製品で使われています。

MariaDB ColumnStoreはもともとオープンソースのデータウェアハウス向けデータベース「InfiniDB」をフォークしたもの。MariaDBの従来のストレージエンジンと統合して利用し、管理できるため、運用管理が簡潔であることも特徴としています。

大規模分散処理に対応してほぼリアルタイムに大規模なデータベースの分析処理を高速に行い、データは最大25分の1にまで圧縮可能。HadoopのファイルシステムであるHDFSと統合でき、SQLでデータ分析できると説明されています。

MariaDB ColumnStoreは5月にベータ版が提供開始される予定です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ RDB / NoSQL / ミドルウェア
タグ  MariaDB , MySQL , カラム型データベース , リレーショナルデータベース


次の記事
OpenStack Mitaka(三鷹)が正式リリース。管理機能やスケーラビリティが改善

前の記事
BashシェルがWindowsに/Oracleからの移行でSQL Serverライセンスが無償/次世代のEclipse「Eclipse Che」が正式公開ほか。2016年3月の人気記事


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig