Kubernetes 1.2リリース、クラスタあたり3万コンテナまでスケール向上

2016年3月22日

Dockerコンテナによるアプリケーションを、分散環境に対して大規模に展開するためのツール「Kubernetes」の最新バージョン「Kubernetes 1.2」の正式版のリリースが発表されました

Kubernetes: Kubernetes 1.2: Even more performance upgrades, plus easier application deployment and management

Kubernetes 1.2では、1000ノード、クラスタあたり3万コンテナまでスケールが改善され、より大規模なアプリケーション展開が可能になっています。

その他の新機能として、ConfigMap APIによるダイナミックコンフィグレーションにより、アプリケーションのパッケージングのタイミングではなく実行時にコンフィグレーションが可能。

Deployment API(ベータ)により、アプリケーションの状態を宣言的に記述すると、それに沿ってKubernetesが自動的にバージョニング、マルチプルロールアウト、ステータスの集約、可用性の維持とロールバックと行った作業を自動的に行ってくれます。

GUIも新しくなり、コマンドラインインターフェイスで行っていた操作が、より分かりやすく操作できるようになっています。

fig

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Docker , Kubernetes , クラウド , コンテナ



≫次の記事
Google Cloud Platform、ついに日本国内リージョン開設を正式発表。東京に「東アジアリージョン」開設。1カ月以内にベータ公開を開始
≪前の記事
コンテナイメージをスキャンして脆弱性を検出してくれるオープンソースの「Clair」、バージョン1.0をCoreOSがリリース

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus