[速報]Google Cloud「東京GCPリージョン」がついに今日から正式運用を開始。日米間を毎秒60テラビットでつなぐ最新の海底ケーブルと接続

2016年11月8日

GoogleはGoogle Cloudの「東京GCPリージョン」が今日から正式運用を開始したと発表しました。

fig都内の記者発表会場で東京GCPリージョンの正式運用を発表するGoogle Cloudプレジデント タリック シャウカット氏

東京GCPリージョンは内部に分離された3つのゾーンを持ち、日米間をつなぐ毎秒60テラビットの帯域を備えた最新の海底ケーブル「FASTER」(Googleの利用分は毎秒10テラビット)および日本と台湾を毎秒24テラビットで接続する海底ケーブルと接続されているのが大きな特長です。

fig

Google Cloudでは、これまでアジア地域には2014年に台湾に設置された台湾リージョンしかありませんでした。しかしGoogleは現在、世界各地に積極的にデータセンターを設置する方針を明らかにしており、来年にはシンガポールとシドニー、ムンバイにも新たにリージョンが設置され稼働を開始する予定です。

fig

東京(あるいは関東圏)はこれで、Amazonクラウド、Microsoft Azure、IBM Bluemix(旧SoftLayer)、Salesforce.com、そしてGoogle Cloudと、主要なクラウドベンダーのデータセンターが集まる世界でも類を見ない地域となりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Google , Google Cloud , IaaS , クラウド



≫次の記事
マイクロソフト、クラウドでコンテナサービスを実現する「Azure Container Service Engine」をオープンソースとして公開
≪前の記事
VMwareパット・ゲルシンガーCEO来日。日本市場の特殊性ゆえに日本のクラウド戦略ではパートナーを重視

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus