マイクロソフト、「Excel REST API for Office 365」正式リリース。保存されたExcelのワークシートにAPIでアクセス可能

2016年8月5日

多くの企業で活用されているExcel。営業部門が各営業担当の進捗状況から売上げを予測するExcelシートを作成していたり、経理部門が経費の配賦をExcelのワークシートで管理してる、などという例も少なくないでしょう。

一般的にこうしたExcelで作り込まれた社内のアプリケーションを既存の業務アプリケーションに組み込むためには、いちどExcelで作り込まれたアプリケーションを解析し、あらためてプログラミング言語で組み立て直す必要がありました。

マイクロソフトが正式にリリースした「Excel REST API for Office 365」を用いると、OneDrive(補足:使えるのはOneDrive for Business)に保存したExcelのワークシートに対してAPIでアクセスし、操作できるようになります。つまり、Excelの機能をそのままアプリケーションに組み込めるようになる、というわけです。

fig解説動画より。ワークシートに対する操作、フォーマッティング、グラフの取得などが可能

マイクロソフトが公開している解説動画では、OneDriveに保存されているExcelワークシート(画面右のワークシート)に対してWebアプリケーション(画面左)からAPI経由でデータの追加を行うと。

fig

データがシートに追加されます(画面右のワークシートにリアルタイムに反映)。

fig

また、ワークシート上のグラフもAPI経由で画像として取得できるため、複雑なグラフを作成するレポートツールなどとしてExcelを使うことも可能です。

fig

もちろんExcelには複雑な計算やシミュレーションのための豊富な関数群が用意されており、いちいちプログラミングで複雑な計算式を記述しなくともAPI経由でExcelが持つ関数群で計算させることができます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Excel , Microsoft , Office , SaaS , クラウド



≫次の記事
「サーバレスとは何か」そして「サーバレスとPaaSの違い」とは。マーチン・ファウラー氏のブログに投稿された解説
≪前の記事
「Container 2.0の時代へようこそ」、Mesosphereがコンテナ市場へ新たな挑戦状

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig