Docker、コンテナ標準のOpen Container Initiativeに準拠した「Docker 1.11」リリース。これまでで最大のリファクタリング

2016年4月15日

昨年の2015年6月、それまで異なるコンテナの実装を進めてきたDockerとCoreOSは、統一したコンテナ実装の標準を作ることに合意し、マイクロソフトやインテル、レッドハット、Google、AWSなど多くのベンダとともにコンテナの業界統一仕様を推進する「Open Container Initiative」を発足させました(発表時の名称はOpen Container Project)。

fig2015年6月に開催された「DockerCon 2015」で発表されたOpen Conatiner Initiative

そしてこのOpen Container Initiativeが推進するコンテナ標準に準拠した初めてのDocker Engineとなる「Docker Engine 1.11」のリリースが発表されました

Docker 1.11は、従来のDocker Engineをリファクタリングし、軽量なコンテナランタイムのrunCと、それらをコントロールするcontainerdなどのモジュールに分解されています。

fig

This is among the biggest technical refactorings the Engine has gone through, and our priority for 1.11 was to get the integration right, without changing the command-line interface or API.

これはDocker Engineのこれまでで最大の技術的なリファクタリングだ。そしてバージョン1.11においてもっとも優先されたのは、コマンドラインインターフェイスやAPIを変更することなく、こうした統合を正しく行うことであった。
(「Docker 1.11: The first OCI-compliant runtime, built on containerd」から

こうした変更を行ったにもかかわらず、Docker Engine 1.11は前のバージョンと互換性を保持しているだけでなく、コードがきれいになったことで、これまで引きずっていたバグなどが解消され、さらにコンテナの同時作成も高速化が実現。今後もさらなる高速化が期待できるとのことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ Docker / コンテナ / 仮想化
タグ  Docker , コンテナ , 仮想化


次の記事
オープンソースの開発ツール「Visual Studio Code」が正式版となるバージョン1.0に到達

前の記事
W3C、「HTML5.1」を今年9月に勧告とする計画。仕様はGitHubで公開


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig