Ansibleの動作状況をダッシュボードでリアルタイムに監視可能、「Ansible Tower 3」リリース

2016年8月3日

Red Hat傘下のAnsibleが、データセンター自動化ツール「Ansible」の動作状況などをダッシュボードからリアルタイムに一元管理可能にするツール「Ansible Tower」の最新版「Ansible Tower 3」をリリースしました

fig Ansible Tower | Ansible.com

Ansibleは、「Playbook」と呼ばれる構成ファイルを実行することで、データセンター内の多数のサーバに対して処理を行い、サーバに対してアプリケーションのインストールなどを自動的に実行してくれます。

Ansible Towerを利用すると、このPlaybookの処理が順次行われていく状況をリアルタイムにダッシュボード画面で把握し、サーバごとの処理の成功や失敗などの状況を容易に知ることができます。

Ansibleに対して誰がどのような処理を行ったのか、ログもAnsible Tower 3で管理。Playbookの実行をスケジュールし、設定した時間に実行させたり繰り返し実行させることも可能です。

Ansible Tower 3では新機能としてノーティフィケーション機能が追加されました。Slack、Hipchat、メールなどさまざまな方法でシステム管理者がAnsibleで発覚したイベントをトリガーにした通知を受け取ることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Ansible , Red Hat , クラウド , データセンター



≫次の記事
Salesforce.com、ドキュメント共有サービス「Quip」を買収。モバイルでのコラボレーション機能を強化が狙いか
≪前の記事
インテルが「Rack Scale Design」のリファレンスソフトウェアをオープンソースで公開。コンピュート、ストレージ、ネットワークをシステムレベルで操作

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus