2017年に注目すべきテクノロジーは「インテリジェントなアプリ」「拡張現実」「会話型システム」「メッシュのアーキテクチャ」など。米ガートナー

2016年11月7日

米調査会社のガートナーは、2017年に企業や組織にとって戦略的な重要性を持つと考えられるテクノロジートレンドのトップ10を発表しました

このトップ10は、大きく「インテリジェント」「デジタル」「メッシュ」に大別されています。

fig

発表されたトップ10をダイジェストで紹介します。

Top1:高度な機械学習とAI(AI & Advanced Machine Learning)
深層学習、ニューラルネットワーク、自然言語処理などで構成される機械学習やAIなどは、これまでのルールベースのアルゴリズムを超えて、理解や学習、予測、適応といった新しい能力や自律的なオペレーションの可能性を有しています。

Top2:インテリジェントなアプリ(Intelligent Apps)
仮想パーソナルアシスタントによる電子メールの優先度付けや、仮想顧客アシスタントによるセールスや顧客サービスの支援は、仕事の本質とワークプレースの構造を変革する可能性を持っています。今後10年、事実上すべてのアプリケーションやサービは、一定のレベルのAIを取り込むだろうと予測されています。

Top3:インテリジェントなモノ(Intelligent Things)
インテリジェントなモノとは、ドローンや自律走行車、スマート・アプライアンスなどのことを指し、高度な振る舞いをするとともに、周囲の環境および人とより自然にやりとりします。これらが私たちの周囲に普及するのに伴い、スタンドアロン・モデルからコラボレーティブ・モデルへシフトするとガートナーは予測しています。

Top4:仮想現実と拡張現実(Virtual & Augmented Reality)
仮想現実 (VR) および拡張現実 (AR) などのイマーシブ (没入型) テクノロジは、個人間および個人とソフトウェア・システムとのやりとりの方法を変革します。VRとARの能力は、デジタル・メッシュと融合して、ハイパーパーソナライズされた適切なアプリおよびサービスとしてユーザーに提供される情報の流れを調整することができる、よりシームレスなデバイス・システムを形成します。

Top5:デジタル・ツイン(Digital Twin)
デジタル・ツインは、センサ・データを使って状態の把握、変化への対応、運用の改善、付加価値の提供を行う物理的なモノやシステムの動的なソフトウェア・モデルです。3~5年以内に、数億個のモノがデジタル・ツインによって表されるようになり、企業や組織は、デジタル・ツインを使用して、設備サービスの計画や事前の修理、製造工程の計画、工場の運営、設備の障害予測や運用効率の向上、強化製品の開発を行うようになるでしょう。

Top6:ブロックチェーンと分散型台帳(Blockchain)
ブロックチェーンと分散型台帳のコンセプトは、業界における運用モデルの変革に有望であることから、大きな支持を得つつあります。現在のハイプ (誇大な宣伝) は金融サービス業の周辺で発生していますが、他にも楽曲配信やID検証、タイトル登録、サプライチェーンなど多くのアプリケーションが考えられます。

Top7:会話型システム(Conversational Systems)
会話型インタフェースで現在焦点が当てられているものは、チャットボットおよびマイク対応デバイスですが、デバイス・メッシュが進化するのに伴って接続モデルが拡張し、より大規模なデバイス間の協調的なやりとりが出現し、継続的でアンビエント (環境に溶け込んだ) な新しいデジタル・エクスペリエンスの基礎が築かれるでしょう。

Top8:メッシュのアプリ&サービス・アーキテクチャ(Mesh App and Service Architecture)
メッシュのアプリ&サービス・アーキテクチャ (MASA) では、モバイル・アプリ、デスクトップ・アプリ、IoTアプリがバックエンド・サービスの幅広いメッシュにリンクして、「アプリケーション」としてユーザーに見えるモノを形成します。このアーキテクチャはサービスをカプセル化し、複数のレベルで組織の境界を横断してAPIを提示し、サービスの俊敏性および拡張性に対する需要と、サービスの構成および再利用とのバランスを取ります。

Top9:デジタル・テクノロジ・プラットフォーム(Digital Technology Platforms)
デジタル・テクノロジ・プラットフォームは、デジタル・ビジネスの基本的な構成要素を提供するとともに、デジタル・ビジネスの不可欠なイネーブラでもあります。情報システム、カスタマー・エクスペリエンス、アナリティクスとインテリジェンス、IoT、ビジネス・エコシステムの5つのデジタル・テクノロジ・プラットフォームのいくつかが、すべての企業や組織で混在することになるでしょう。

Top10:アダプティブ・セキュリティ・アーキテクチャ
多くのITセキュリティのプロフェッショナルにとってIoTのエッジは新しいフロンティアで、新たな脆弱性をもたらす部分であり、しばしば新しい対策ツールとプロセスを必要とします。これらをIoTプラットフォームの実装時に考慮しなければなりません。

(ガートナージャパンが発表した翻訳を参考にしました)

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : 調査会社



≫次の記事
VMwareパット・ゲルシンガーCEO来日。日本市場の特殊性ゆえに日本のクラウド戦略ではパートナーを重視
≪前の記事
オープンソースのエディタ「Visual Studio Code 1.7」登場。ショートカットリファレンス、Goフォーマッター、Sublimeキーマップ、Atomキーマップ拡張など

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus