インテル、マイクロサーバ向け「Xeon D」シリーズ発表。Broadwellコア、14nmプロセス、10GbE搭載のSoC

2015年3月10日

米インテルはマイクロサーバやストレージ、ネットワーク機器向けプロセッサの最新版「Xeon D」シリーズを発表しました

Intel Packs Power, Intelligence of Xeon® Processor into System-on-Chip Offering to Target New, Growing Network Opportunities

Xeon DシリーズはAtom Cシリーズの後継で、低消費電力および複数の機能をチップ上に搭載したSoC(System on Chip)などが特長。コアが最新のBroadwellアーキテクチャとなり、14nmプロセスで製造されます。

「Xeon D-1540」は2GHz、8コア、最大128GBメモリ。「Xeon D-1520」は2.2GHz、4コアで最大128GBメモリ。10GbEを2つ、PCIe, USB, SATAなどのI/Oもチップ上に統合しています。これによって電力効率が高くシンプルなサーバの構築が可能。

fig

今回出荷されたプロセッサの用途としてはWebホスティング、メモリキャッシュ用のサーバなど。すでに50社以上がXeon Dを採用したマイクロサーバをデザインしているとのこと。

fig

今後、SANやNASなどのストレージやエッジルータ、ワイヤレスベースステーションなど、さまざまなサーバ機器に最適化したシステムをチップ上に統合したXeon Dシリーズも登場してくることが明らかにされています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Intel , サーバ



≫次の記事
SEと営業のためのヒアリング講座。モデレータのヒアリングテクニックから学ぶ(前編)
≪前の記事
VMwareがCoreOSサポートを表明。vSphereやvCloud Airで

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus