シマンテック、バックアップツールのVeritasをカーライルグループに売却したと発表

2015年8月18日

シマンテックは8月11日、バックアップやディザスタリカバリ、ストレージ管理といった製品群を提供するVeritas Technologiesを、投資会社のカーライルグループに売却したと発表しました

シマンテック、ベリタスをカーライル・グループに売却したことを発表

カーライルグループへの売却に当たり、シマンテックの社長兼CEO、マイケル・ブラウン(Michael Brown)氏はプレスリリースで次のように述べています。

この売却によってシマンテックの財務基盤が強化され、セキュリティ事業を拡大するとともに、世界最大のサイバーセキュリティ企業としてのリードをさらに広げる準備が整います。

ベリタスはプライベートイクイティファンドへ売却

ベリタスはもともとVeritas SoftwareとしてバックアップツールのBackup ExecやNetBackup、クラスタツールのClusterServerなどを提供していた企業で、2004年にシマンテックが買収しました。

買収後のシマンテックは、アンチウィルスソフトウェアのノートンセキュリティなどセキュリティ関連製品と、ベリタスのバックアップツールなどストレージ管理関連製品を主力製品群としていました。

しかし今年2015年1月にセキュリティ分野に注力する方針を発表し、セキュリティ分野の「Symantec」とストレージ管理分野「Veritas Technologies」の2つに会社を分割することになりました。

今回、カーライルグループに売却されたのは、この「Veritas Technologies」です。

カーライルグループはプライベートイクイティファンドと呼ばれる投資会社で、投資した会社に役員などを派遣して経営を立て直す、あるいは株式公開させるといったことを主に行っています。

Veritas Technologiesは、カーライルグループによって企業規模を拡大するなどした後に、株式公開あるいは関連事業会社などへ売却されることになると見られます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Symantec



≫次の記事
Google、ビッグデータ処理基盤の「Cloud Dataflow」を正式サービスとして公開。エクサバイトまでスケール可能
≪前の記事
「Docker Toolbox」リリース。MacOS/Windows対応の新インストーラ、Boot2Docker後継の位置付け

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig