Node.js、初のLong Term Support対象となる「Node.js 4.2」コード名“Argon”がリリース。リリースから2年半はメンテナンス

2015年10月16日

Node.js Foundationは、初のLong Term Support(LTS:長期サポート)対象となる「Node.js 4.2」、コード名“Argon”のリリースを発表しました

Node.jsは先月、フォークしていたNode.jsとio.jsを統合した最初のバージョン「Node.js 4.0」をリリース、新体制となり再びアクティブなリリースのペースを取り戻そうとしています。長期サポートの開始は、新体制を受けて実現したものと言えるでしょう。

長期サポート対象のリリースは、それと分かりやすいようにリリース名を付けることになりました。今回のNode.js 4.2は「Argon」と呼ばれます。今後、アルファベット順に名前がつく予定です。

長期サポートの計画を示す「Node.js Long-term Support Working Group」によると、長期サポート対象のリリースは12カ月ごと登場します。そしてそれぞれのリリースは、リリース日から18カ月のあいだアクティブなメンテナンスが行われる予定です。18カ月が過ぎるとメンテナンスモードに移行し、次のリリースのアクティブメンテナンスが終わる12カ月までサポートされます。つまり合計で30カ月、リリースから2年半のあいだメンテナンスが続きます。

図にすると次のようになります。数字は月数、太い矢印がアクティブなメンテナンスの期間、細い矢印がメンテナンス期間です。

fig

今後の実績次第ではありますが、30カ月もの長期サポートが行われることで、Node.jsは以前より安心して利用できるソフトウェアだとみられることになるでしょう。これはNode.jsを今後さらに重要な実行系へと押し上げていく大事な要素になると言えそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : JavaScript , Node.js



≫次の記事
Red HatがAnsibleを買収した理由、同社クラウドマネジメント戦略担当が説明
≪前の記事
Hyper-Vの上でさらにHyper-Vを動かせるNested Hyper-V。Windows 10の新ビルドで登場

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus