Node.js 5.0がリリース。奇数バージョンは最新機能版、偶数バージョンは長期サポート版

2015年11月2日

Node.js Foundationは、Node.jsの最新版となる「Node.js 5.0」をリリースしました。2週間ほど前の10月中旬に「Node.js 4.2」をリリースしたばかりですので、短期間で2つのメジャーバージョンをリリースしたことになります。

fig

Node.js 5.0での変更点はChange Logに記されており、おもな点は「buffer」からrawとrawsのエンコーディングタイプが削除されたこと、「console.time()」の精度がミリ秒以下3桁まで得られるようになったこと、nmpが2系から3系になったこと、V8のバージョンが4.5から4.6になったことなどです。

What You Should Know about Node.js v5 and More | Node.js

奇数バージョンは最新機能版、偶数バージョンが長期サポート版

Node.js 5.0の登場で、現在提供されている最新のNode.jsは「Node.js 4.2」と「Node.js 5.0」の2つになりました。

2つのバージョンのどちらを選ぶべきなのか、Node.js Foundationのブログでは次のように説明されています

Stay on or upgrade to Node.js v4.2.x if you need stability and have a complex production environment, e.g. you are a medium or large enterprise.

Node.js 4.2を継続利用もしくはNode.js v4.2.xへアップグレードすべきなのは、安定性が要求され複雑な本番環境を備えている場合だ。例えば中堅や大企業などがそれにあたる。

Upgrade to Node.js v5.x if you have the ability to upgrade versions quickly and easily without disturbing your environment.

Node.js v5.xへアップグレードすべきなのは、実行環境に影響を与えずに迅速かつ容易にアップグレード可能な場合だ。

Node.js 4.2“Argon”がリリースされたときに表明されたように、Node.js 4.2はLTS(長期サポート)対象でありリリース日から18カ月のアクティブなメンテナンス期間とその後12カ月のサポート期間の合計30カ月間のサポートが約束されています。

一方でNode.js 5.0は長期サポート対象ではなく、サポート期間は8カ月で、そのあいだ新機能と性能向上が継続されると説明されています。このサポートポリシーの違いをバージョン番号で示しているわけです。

LTS版は1年ごとに登場すると説明されていますので、次のLTS版となるNode.js 6.0の正式リリースは来年10月となる見通しです。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : JavaScript , Node.js



≫次の記事
2018年までに300万人以上の労働者の上司がロボットになり、2020年末までにクラウドにおけるセキュリティ障害の95%は顧客が原因に。Gartner Predicts 2016
≪前の記事
米HPが分社化を実行、今日から「Hewlett Packard Enterprise」と「HP Inc.」の2社に

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus