秘密分散方式のスケールアウトストレージをLinuxソフトウェアで実現する「IzumoFS」、東京大学発のスタートアップが発表

2015年10月2日

複数のLinuxサーバを束ねて、仮想的な1台のNASストレージサーバを構築するソフトウェア「IzumoFS」を、東京大学発のスタートアップ企業IzumoBaseが発表しました

IzumoFSの大きな特長は2つ。1つは、複数のノードへストレージデータを分散する方式として、秘密分散方式を採用していることです。秘密分散とは、データを暗号化する際に複数に分解し、それぞれを分散して保存すること。

分解保存されたそれぞれの部分は、個別には元の情報を復元することはできず、安全性が高いとされています。

figIzumoBASEの資料から

もう1つの特長はPtoPアーキテクチャによるスケールアウトが可能な点です。分散ストレージを構成するすべてのノードが共通の機能を備え、クライアントからのNFS、CIFS、iSCSIによるアクセスを受け付け、処理を行います。

ノードを増やすことで性能と容量が向上するスケールアウトを実現しつつ、特定のゲートウェイサーバやメタデータサーバなどボトルネックとなりそうな構造を持たない、高可用性とスケーラビリティを実現します。

figIzumoBASEの資料から

そのほか、リアルタイムなインライン重複排除機能によるデータの圧縮機能により、オリジナルデータに対して必要な物理容量を数分の1から数十分の1へ削減する機能、レプリケーション、スナップショット、拠点間クラスタ、ノードリプレイス機能などを備えています。

下記はIzumoFSの管理画面です。

fig

IzumoFSは販売パートナーのクリエーションライン、ネットワークバリューコンポネンツ、ユニアデックスから販売開始済み。価格はオープンプライス。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : ストレージ



≫次の記事
GitHub、Gitで画像や動画など大容量ファイルを扱える「Git LFS」(Git Large File Storage)正式リリース
≪前の記事
Android Studio 1.4が登場。テーマエディタ、GPUレンダリングモニタ、ネットワークモニタなど強化

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus