IBM、Linux専用メインフレーム「LinuxONE」発表。Ubuntu、Red Hat、SUSEなど対応

2015年8月18日

米IBMは、Linux専用のメインフレーム製品群「IBM LinuxONE」を発表しました。

ハードウェアは同社のメインフレームの最新モデルである「IBM z13」をベースにしており、最大で141プロセッサーコア、10テラバイトメモリ、640I/O専用プロセッサなどを搭載。8000仮想マシンを起動でき、数百万ユーザーをサポート可能。

ハイエンドの「IBM LinuxONE Emperor」と、ミドルレンジの「IBM LinuxONE Rockhopper」の2機種が用意されています。Emperorはコウテイペンギン、Rockhopperは小柄なイワトビペンギンにちなんだ名前と思われます。

fig
fig

仮想化の機能としてz/VM、LPAR、KVMが利用可能。Linux OSとしてはUbuntu、Red Hat、SUSEのディストリビューションが提供されるとしています。

IBMはLinuxONEのソリューションとして、モバイルデバイス対応アプリケーションのプラットフォーム、サービス提供のためのクラウド基盤、大規模データの分析、DevOpsなど、強力なI/O性能やプロセッサ性能を生かしたものを提案しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : IBM , Linux , サーバ



≫次の記事
Node.jsとio.jsの最初の統合リリース「Node.js 4.0」が9月に登場予定
≪前の記事
ITまんが 2015年版 ~ ITが楽しく分かるマンガを集めてみました

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig