Google App EngineのPHPサポートが正式版に。スケーラブルなPHPの実行環境を実現、セキュリティパッチも自動適用

2015年6月18日

Googleは同社のクラウドサービス「Google App Engine」で、PHPのサポートが正式版となったことを明らかにしました

Google Cloud Platform Blog: App Engine for PHP is generally available. Build scalable apps, faster.

Google App EngineのPHPは2013年10月に公開ベータとして利用可能になっていました

Google App EngineのPHPでは、負荷に合わせて自動的にスケールするPHPの実行環境が提供されるだけでなく、たとえアプリケーションの運用中でもPHPのセキュリティパッチなどが自動で適用されるとのこと。

また、Google Cloud SQLやGoogle Cloud Storageのようなスケーラブルなデータストアも利用できます。

Google App EngineのPHPのバージョンは5.5。チュートリアルとして、すぐにWordPressを試せる「Quick Start WordPress for Google App Engine」や、Symfonyフレームワークを利用する「How to Run Symfony Hello World on App Engine」なども公開されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Google , Google App Engine , PaaS , PHP



≫次の記事
リアルタイムなデータ分析をする分散OLAP「Pinot」をLinkedInがオープンソースで公開
≪前の記事
2015年のIaaS+PaaS国内市場規模は昨対比40%増の1200億円超へ、今後はPaaSが市場を牽引。矢野経済研究所

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig