Google App EngineのPHP対応が公開ベータへ。誰でもGoogle App Engine上でPHPを試せるように

2013年10月10日

Googleはこれまで限定プレビューとして招待されたユーザーにのみ公開していたGoogle App EngineのPHP対応を通常のプレビューへと移行、誰でもGoogle App Engine上でPHPを利用可能にしたことを明らかにしました

Cloud Platform Blog: Google App Engine PHP Runtime now available to everyone

Google App Engine上のPHPでは、Google App Engineに最適化されたWordPressの「Google App Engine for WordPress」をはじめ、phpMyAdmin、Drupal、phpBBといったアプリケーション、LaravelSilexCodeIgniterなどのフレームワークなども利用可能だと説明されています。

Google App EngineはすでにJava、Python、Goに対応しており、PHPは4番目の対応言語となります。

Google App Engineの特徴は負荷に対して自動的にスケールする仕組みをクラウド側で提供してくれるため、運用の手間がほとんどかからない点です。PHPアプリケーションをスケーラビリティを気にせずに開発できる環境はPHPプログラマにとって魅力的に映るのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : Google , Google App Engine , PaaS , PHP , クラウド



≫次の記事
2013年9月の人気記事「モバイルアプリケーション開発のいま」「Dropboxは全部Python」「FacebookにおけるMySQL」ほか
≪前の記事
システム品質を左右する「組織体制」「開発スキーム」「マインド」を改善してきたリクルートの苦労を振り返る(マインド編)~ソフトウェア品質シンポジウム 2013

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig