EMC、複数のストレージを抽象化してAPI経由で操作可能にする、Software-Defined Storageコントローラ「CoprHD」をオープンソースで公開

2015年12月14日

さまざまなストレージをまとめて抽象化し、REST API経由などでストレージの操作や管理、自動化などを可能にするSoftware-Defined Storageコントローラの「CoprHD」(カッパーヘッド)をEMCがオープンソースとして公開しました。

CoprHDは、同社が商用ソフトウェアとして提供してきた「ViPR」のオープンソース版(あるいはCoprHDの商用ディストリビューションがViPR)です。ViPRからライセンス管理機能やオートアップデートなどが削除されてはいますが、コア機能は同様だと説明されています。

ViPRのオープンソース化によるCoprHDの公開は、今年5月に開催されたEMC Worldで発表されていました

CoprHDは、その下位にさまざまな既存のストレージを配置することで、ストレージを抽象化。CoprHDのAPIを通じて必要な容量や性能をプロビジョニングするなど、統一的な管理運用や自動化などを可能にします。EMCのストレージだけでなく他社のストレージやOpenStackのCinderストレージなどにも対応。

fig

EMCはCoprHDをオープンソースとして公開することで、より多くのストレージに対応すると同時に、上位レイヤとして多くのシステム管理ツールやクラウド管理ツール、バックアップツールやストレージアプリケーションなどへの対応が広がり、CoprHDおよびその商用ディストリビューションとなるViPRのエコシステムが広がることを期待しています。

EMCはベアメタルサーバを操作運用するための「RackHD」も同時にオープンソースとして公開しており、オープンソース戦略を進展させています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : EMC , Software-Defined Storage , ストレージ



≫次の記事
2015年の国内IT市場の成長率は0.1%。大企業と中堅は前年比プラス、小規模企業は前年比マイナスと明暗分ける。IDC Japan
≪前の記事
ベアメタルサーバをまとめて構成、OSインストール、モニタなどの管理運用を実現する「RackHD」、EMCがオープンソースで公開

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus