「Azure Machine Learning」が正式版に、PythonやRのライブラリにも対応。誰でも機械学習を利用可能に

2015年2月20日

マイクロソフトは機械学習のサービスをフルマネージドで提供する「Azure Machine Learning」の正式リリースを発表しました

Machine Learning - Predictive analytics | Microsoft Azure

Azure Machine Learningを用いることで、利用者は機械学習のための大量の仮想マシンやHadoopのようなソフトウェアを用意する必要がなくなり、容易に機械学習による推論や予測、分析といったサービスを実現できるようになります。クライアントとしてExcelを利用することも可能。

モデルの作成には、Webブラウザからグラフィカルな操作が可能な「Azure Machine Learning Studio」が用意され、プログラミング不要で分析モデルを作成可能。そのモデルの中で行う計算や学習のためのライブラリとしてPythonとRにも対応ました。

fig

あらかじめ機械学習を利用して構築されたレコメンデーション、アノマリー検出、テキスト分析などのサービスも「Azure Store」で提供され、すぐに利用可能です。コミュニティによるギャラリーも用意されています。いま見たところ「飛行機のエンジンの寿命予測」「景気予測」「ワインの品質予測」「電話会社の乗り換え顧客予測」「メンテナンスのための故障予測」などがあり、さまざまな機械学習サービスを共有できるようになっています。

データ連係ソフトウェアのベンダであるInformaticaとの提携も発表され、InformaticaのクラウドサービスによってSalesforce.comやMarketo、Workdayなど他のサービスやクラウドと接続してAzure Blobにデータを転送し、Azure Machine Learningで機械学習させることも容易になるとしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  Microsoft , Microsoft Azure , PaaS


次の記事
Heroku Enterprise発表。エンタープライズの開発組織向けにダッシュボード、アクセスコントロール、30分以内のサポートなど

前の記事
HTTP/2、IETFの標準化プロセスが完了しRFCに。16年ぶりにHTTPがバージョンアップ

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig