[速報]メールやスケジューラをインテリジェントに分析し、業務をアシスタントする「SalesforceIQ」発表。Dreamforce 2015

2015年9月17日

セールスフォース・ドットコムは同社の年次イベント「Dreamforce 2015」をサンフランシスコで開催しています。9月16日(日本時間17日早朝)に行われた基調講演で、同社はメールとカレンダーを分析し、担当者の営業活動などをインテリジェントに支援する新サービス「SalesforceIQ」を発表しました。

SalesforceIQ for Small BusinessとSalesforceIQ for Sales Cloud

顧客へのメールやフォローといった作業をリマインドしてくれ、ミーティングのスケジューリングなどを支援してくれるSalesforceIQを発表する。

fig

「SalesforceIQ for Small Business」は、スモールビジネスを支援するCRMサービスだ。非常に簡単で使うのに時間もかからないず、自動的に使える。

fig

WebブラウザからSalesforceIQを立ち上げる。設定は、自分のメール、カレンダーとつなげるだけ。この2つがデータソースだ。

fig

するとインテリジェント機能が働き、すべてのデータを分析して、何をするべきか、どの取引にフォーカスすべきか、誰に連絡すべきかを示してくれる。

この作業を「Create Task」ボタンでタスク化すると、あとでリマインドしてくれる。

fig

自分のメールやカレンダーだけでなく、社内全員のメールやカレンダーが読み込まれ、分析されているため、どの業務について誰がどの顧客といつミーティングするのかも分かる。

それについて関係者にすぐコンタクトもできる。

fig

Gmailを使っているならChromeプラグインがある。画面横にSalesforceIQの機能が表示され、使える。

fig

こうしたインテリジェントなCRM支援機能を、スモールビジネスではなく大企業で使いたい場合には、Sales Cloudと接続する「SalesforceIQ for Sales Cloud」がある。

fig
このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ 業務アプリケーション / Office
タグ  CRM , Salesforce.com


次の記事
ニフティクラウドが北米リージョンを新設。国内リージョンと同等のアーキテクチャ、サーバラインナップを提供

前の記事
[速報]リアルタイムなルールエンジン搭載の「IoT Cloud」をセールスフォース・ドットコムが発表。マイクロソフトがパートナーとして採用。Dreamforce 2015


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig