[速報]リアルタイムなルールエンジン搭載の「IoT Cloud」をセールスフォース・ドットコムが発表。マイクロソフトがパートナーとして採用。Dreamforce 2015

2015年9月17日

セールスフォース・ドットコムは同社の年次イベント「Dreamforce 2015」をサンフランシスコで開催しています。9月16日(日本時間17日早朝)に行われた基調講演で、同社は新サービス「IoT Cloud」を発表。IoT市場へ本格参入しました。

IoT Cloudの特長は、「Thunder」と呼ばれるリアルタイムなルールエンジンを搭載し、それが同社の既存サービスであるCRMなどと連係している点にあります。

ルールエンジンには同社のCRMサービスなどが持つ顧客情報やサポート情報などを基にしたルールを設定することができ、データから顧客に対するアクションが必要となるような状況、例えば顧客に納品したデバイスが故障しそうな兆候などをルールエンジンが読み取るとリアルタイムにCRMなどを通じて担当者へ連絡、顧客へのアクションを促すことができます。

IoT Cloudを発表、リアルタイムなアクションを実現

基調講演に登壇した同社CEO マーク・ベニオフ氏(左)と、CTOのパーカー・ハリス氏。

fig

Internet of Thingsと顧客を結びつける新しい「IoT Cloud」を発表する。

fig

あらゆるものと接続し、規模に対応、リアルタイムに処理する。

fig

どのように動作するかというと、まずデータをキャプチャする。

そして顧客のプロファイルを理解しているインテリジェントなルールエンジンがあり、これがリアルタイムに処理を行う。ここがプラットフォームとなる。

そして(セールスフォースのサービスを経由して)顧客へのアクションへとつながる。

fig

マイクロソフトがローンチパートナー

ローンチパートナーとしてマイクロソフトが顧客となった。

fig

AzureでキャプチャされたデータをIoT Cloudのルールエンジンで分析する。

fig

これがIoT Cloudの画面だ。Office 365の利用者によるサインアップ、メールの参照、コンタクトの追加、ダウンロードなどのあらゆる操作がイベント情報として発生する。

fig

ルールエンジンには、例えばサブスクリプションの状況に応じてMarketing Cloudから顧客のプロファイルに応じた1to1のメールを送信する、といったことが定義してあり、顧客ごとにリアルタイムな対応ができる。

マイクロソフト チェアマン ジョン・トンプソン氏が登場。

fig

(トンプソン氏)マークと私は、彼がオラクルに、私がIBMにいた23年前からの友人だ。当時、PCが世の中に大きな革命を起こした時代だった。IoTをベースにしたクラウドは、PCが登場したときのような大きな変革を起こすのではないだろうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


関連タグ クラウド / IoT / PaaS / SaaS / Salesforce



タグクラウド(β版)

クラウド / AWS / Azure / Google Cloud
コンテナ / Docker / Kubernetes
クラウドネイティブ / サーバレス
クラウド障害 / 運用・監視

プログラミング言語 / 開発ツール
JavaScript / Java / .NET / WebAssembly
HTML/CSS / Web標準
アジャイル開発 / スクラム / DevOps / CI/CD
ソフトウェアテスト・品質
ローコード/ノーコード開発

データベース / RDB / NoSQL / 機械学習・AI
Oracle Database / MySQL / PostgreSQL
Office / 業務アプリケーション

ネットワーク / HTTP / QUIC / セキュリティ
OS / Windows / Linux / VMware
ハードウェア / サーバ / ストレージ

業界動向 / 働き方 / 給与・年収
編集後記 / 殿堂入り / おもしろ

全てのタグを見る

Blogger in Chief

photo of jniino

Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed


最新記事10本