もう集計システムの開発は不要になる? 複数のExcelシートを流し込むとクラウドが自動的に集計項目を計算してくれる「Masume」。グレープシティ

2015年8月19日

経費精算のために経理部門が社員から毎月Excelシートを集め、手計算や外部参照式やマクロで会社全体の経費を算出する、あるいは画面フォームとデータベースを定義し、画面フォームから入力された金額を集計する経費精算システムを開発する、といったことは多くの会社で行われているでしょう

グレープシティが発表した「Masume」(ますめ)は、いつも使っている経費精算のExcelシートがあれば、クラウドが自動的に集計項目を判断し、集計もしてくれるクラウドサービスです。外部参照式やマクロや、システム開発が不要になります。

fig

Masumeは、ふだん使っているExcelファイルをテンプレートとして登録すると、それを解析して集計対象となるセルや、シートの中でテーブルになっている部分を自動認識。

その後、個別のExcelシートをMasumeに送信すると、自動認識に従って集計結果をExcelシートとして作成してくれます。

MasumeにExcelシートを送信する方法は、(1)Webブラウザからアップロード、(2)メールで送信、(3)テンプレートから生成されたExcelライクなWebフォームから数値を入力する、の3種類があります。

Excelファイルを添付したメールをMasumeから送信し、返信された記入済みのExcelファイルを自動集計することもできますし、ユーザーのPCにExcelがインストールされていなくとも、WebブラウザがあればMasumeに直接入力できるわけです。

fig

グレープシティはExcelシートを基にしたWebアプリケーションの開発が可能な「Forguncy」を提供するなど、企業内で使われているExcelシートをベースにした業務効率化のツールを積極的に手がけています。Masumeも、同社がこれまで蓄積してきたExcelシートの解析技術やForguncyなどの開発で得たノウハウなどを投入したものといえるでしょう。

Masumeは2016年春に正式公開予定。現在、無料で全機能が使えるプレビュー版を公開しています

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ 業務アプリケーション / Office
タグ  Excel , グレープシティ


次の記事
米ガートナー、2015年版ハイプサイクルを発表。IoT、機械学習は期待のピーク、マイクロデータセンターが黎明期、ハイブリッドクラウドは幻滅期

前の記事
Google、ビッグデータ処理基盤の「Cloud Dataflow」を正式サービスとして公開。エクサバイトまでスケール可能

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig