オープンソースのPaaSを実現する「Cloud Foundry Foundation」が設立。IBM、HP、SAP、Intel、VMwareらが中心。次期バージョンでDocker対応も表明

2014年12月10日

オープンソースによるPaaS基盤ソフトウェア「Cloud Foundry」の推進団体「Cound Foundry Foundation」の設立が発表されました

プラチナメンバーとなったのは、EMC、HP、IBM、Pivotal、SAP、VMware、さらにIntelが加わっています。

fig

Cloud FoundryはもともとVMwareがオープンソースとして開発し、その後Pivotalに移管。オープンソースプロジェクトとして発展させるために主要ベンダでCloud Foundry Foundation設立が計画されていました。

Cloud Foundry Foundationは、Cloud Foundryの開発を推進するとともに、フラグメンテーションを防ぎ、互換性を維持するための認定プログラムも用意する予定。

現在Cloud Foundryはバージョン2ですが、次期バージョンではこれまで内部で利用していたコンテナ技術のWarden(ウォードン)から、Dockerへの切り替えや、LinuxだけではなくWindowsへの対応なども検討されています。

現在Cloud FoundryはIBMのBluemix、NTTコミュニケーションズのCloudn PaaS、HPのHelion、PivotalのCloud Foundryなどクラウドでの採用が進んでおり、OpenStackによるIaaS基盤とCloud FoundryによるPaaS基盤という、オープンソースでのクラウド構築の普及が期待されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  Cloud Foundry , PaaS , オープンソース


次の記事
Ubuntu、クラウドに最適化した軽量版「Ubuntu Core」発表。Docker以外のコンテナにも幅広く対応

前の記事
Androidアプリの統合開発環境「Android Studio 1.0」リリース。SDK、エミュレータ、サンプルコードなどが無償で利用可能に


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig