iOS/Android両対応のネイティブアプリ開発環境「Appmethod」、エンバカデロがリリース。個人向け無償版も発表

2014年4月22日

1つのソースコードからiOSとAndroidに対応したネイティブなモバイルアプリケーションが開発できるビジュアル統合開発環境「Appmethod」をエンバカデロ・テクノロジーズがリリースしました

Appmethodは、同社がすでに製品として提供している「Delphi」および「C++Builder」の機能をマルチデバイス向けに絞って再構成したもの。iOS、AndroidのほかWindows、OS Xのネイティブアプリケーションも開発できます。

fig AppmethodのWebサイト。製品もすべて日本語化されている

ビジュアル統合開発環境としての機能はDelphiやC++Builderと同様に、画面にコントロールを配置し、C++もしくはObject Pascal(Delphi言語)でコーディングしていきます。Appmethodには、各OSごとのルック&フィールを動的に生成できるUIコンポーネントライブラリのFiremonkey(FMX)、ソースコードからx86もしくはARMに対応したネイティブコードを生成するコンパイラが備わっているため、1つのソースコードからiOS、Android、Windows、OS Xそれぞれをターゲットにしたネイティブアプリケーションを生成できます。

ライセンス費用は年額3万4000円から。機能が同じ無償版も

Appmethodの特徴の1つが、ライセンス費用が年額になっているところです。個人プランが年額3万4000円、5人を超える組織では年額11万円からのビジネスプランが用意されています。

fig

6月には無償プランの提供が予定されており、個人プランやビジネスプランで提供されるものとほぼ同じ機能のAppmethodを無償で利用できる予定です。

無償版での制限は、言語がC++のみ、対応プラットフォームがAndroidのみで、アプリケーションの起動時にAppmethodのスプラッシュ画面が表示される点です。この制限内であれば、無償版で開発したアプリケーションを有償で配付、販売することも可能。

公開されたAppmethodは、まだ対応言語がObject Pascalのみ。6月にC++のサポート、前述の無償版の提供、Android KitKat(4.4)対応、Google Glassサポート、アプリ内決済と広告対応、モバイルBaaS対応拡大(現在はParseとKinvey)を予定しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : エンバカデロ , モバイル , 開発ツール



≫次の記事
米オラクル、Oracle DatabaseのデータをOracle Cloudにバックアップする「Oracle Database Backup」提供開始
≪前の記事
米サウスカロライナのGoogleデータセンター、爆弾の電話でスタッフが一時避難

Loading...

Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。新しいオンラインメディアの可能性を追求しています。
詳しいプロフィール


Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



Publickey 最新記事 10本

Publickey Topics 最新記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig

fig



blog comments powered by Disqus