IBMがクラウドマーケットプレイスを開設。セルフサービスでIaaS、PaaS、SaaS購入。オープンソースやサードパーティのサービスも

2014年4月30日

米IBMは同社やサードパーティのクラウドサービスをセルフサービスを購入できるポータルページ「IBM Cloud marketplace」を発表しました。

同社は先週日曜日の4月27日から明日5月1日まで、ラスベガスでイベント「Impact2014」を開催中。発表はその基調講演で行われました。

fig

IBM Cloud marketplaceでは、同社のIaaSであるSoftLayerのベアメタルサーバから、PaaSであるBlueMix、SaaSとして提供されているデータ分析など、現時点で200種類ものさまざまなサービスを購入できるようになっています。同社のサービスだけでなく、オープンソースのソフトウェア、サードパーティのサービス、BlueMixで使えるコンポーネントなども並んでいます。

fig

無料で利用できるもの、トライアルできるものなどが並んでいますが、全てがセルフサービスになっているわけではなく、一部のサービスはメールで問い合わせと申し込みを行うようになっています。

IBMはこのポータルに対してサードパーティの参加を呼びかけており、同社のクラウドのエコシステムを構築するためのプラットフォームの一部として活用する考えです。

fig

ようやくクラウド業界のルールで戦うための準備が

同社にとって、Amazonクラウドに代表されるようなクラウドの購入方法、つまりコンシューマ向けのサービスのように、ユーザーがクレジットカード情報を登録したポータルからセルフサービスで購入する方法は、決して得意なものではありません。

しかしクラウドのトップベンダーであるAmazonクラウドをはじめ、Microsoft AzureもGoogle Cloud PlatformもSalesforce.comも、先行し成功しているクラウドサービスはほとんどすべてセルフサービスによる購入というスタイルを取っています。

IBMはこのIBM Cloud marketplaceによって、遅ればせながらも同じルールで戦うための準備を本格的に整えてきたといえそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

カテゴリ クラウド
タグ  IBM


次の記事
Stack Overflow日本語版開設へ、バイリンガルのコミュニティマネージャ募集中!

前の記事
AWS Elastic BeanstalkがDockerをサポート、新しい形態のPaaSへ。事実上どんな言語でも使え、手元の開発環境をそのままPaaSへデプロイできる


カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig