EMC、アンディ・ベクトルシャイム氏のフラッシュストレージ企業DSSDを買収。桁違いのIOPS実現へ。EMC World 2014

2014年5月7日

アンディ・ベクトルシャイム氏はサン・マイクロシステムズをビル・ジョイ氏らと設立し、まだ設立される前のGoogleの最初の投資家となり、最近では超高速のネットワークスイッチベンダのアリスタ・ネットワークスを起業するなど、IT業界ではすでに伝説的とも言える存在です。

そのベクトルシャイム氏が関わるフラッシュストレージの企業DSSDを、ストレージ大手のEMCが買収したと、ラスベガスで開催中のイベント「EMC World 2014」で発表されました

fig アンディ・ベクトルシャイム氏(写真左)とEMC会長兼CEOのJoe Tucci氏。EMC Worldのストリーミング放送から

DSSDの会長であるBill Moore氏はEMCでDSSDビジネスを主導し、DSSDチェアマンのベクトルシャイム氏は戦略的アドバイザーとなる予定。

DSSDが開発中のフラッシュストレージは来年出荷予定ですが、具体的にどのような製品なのか、その詳細は明らかにされていません。EMC CEOのDavid Goulden氏は、EMCが買収したDSSDが開発中の製品を「サーバサイドフラッシュの次章(The NEXT Chapter)を開くものだ」と説明しています。

サーバサイドフラッシュの次章を開くDSSD

Goulden氏は、現在のサーバサイドフラッシュについて、素晴らしい性能を得られる一方、容量は限られており、サーバ内蔵のためストレージがサイロ化してしまい、また最適化のためには独自APIが用いられると説明。

fig

いまDSSDが開発しているフラッシュストレージは「ラックスケールフラッシュストレージ」であるとし、現在のものとは桁違いのIOPS、帯域幅、レイテンシを実現し、数百テラバイトもの容量をストレージもしくはメモリの代わりに使え、共有ストレージ同様の管理とAPIが実現されているという。

fig

そしてこのストレージはSAP HANAのようなインメモリデータベースやHadoopのような大規模データ分析アプリケーションの性能を加速するような用途をターゲットにしているとのことです。

ベクトルシャイム氏の次の革新とは

ベクトルシャイム氏は冒頭に書いたように、これまで何度も革新的なソフトウェア、ハードウェアを実現してきました。彼がフラッシュメモリという新しいデバイスを用いてストレージをどのように革新していくのか、製品の登場が非常に楽しみです。

EMC World 2014関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

タグ : EMC , ストレージ , フラッシュストレージ



≫次の記事
EMC、「クラウドのストレージより安価」なエクサバイトクラスのストレージ機器「EMC Elastic Cloud Storage」発表。EMC World 2014
≪前の記事
モバイルアプリ用UIコンポーネントのHTML/CSSソースコードを生成してくれる「Onsen CSS Components」、アシアルが公開

カテゴリ



Blogger in Chief

photo of jniino Junichi Niino(jniino)
IT系の雑誌編集者、オンラインメディア発行人を経て独立。2009年にPublickeyを開始しました。
詳しいプロフィール

Publickeyの新着情報をチェックしませんか?
Twitterで : @Publickey
Facebookで : Publickeyのページ
RSSリーダーで : Feed



新着記事 10本


PR - Books


fig

fig

fig